カースト制度



 インドがすくなくとも近代的国家に脱皮するには、まず第一にカーストの制度をどないかしなければならない。公然とした人種差別国家には民主国家を語る資格がない。

 バラモンより遥か昔の、3000年ほど前に北インドに進入してきたアーリア人は、現在のヨーロッパ人と同じルーツの白色人種系であった。彼らは先住民族(トラビィ人など、肌色の濃い人々)を滅ぼして、その支配を固めるにつれ、ビァルナと呼ばれる身分制度を作りあげた。ビァルナという言葉はもともと「色」を意味するらしい。つまり、肌の色による身分の上下差別であった。当然、支配者であり、肌色も白い自分たちを上位に置き、被支配民族を下にした。その後、アーリア人の中でも社会的機能(仕事)による区分ができた。すなわち宗教儀礼を専門とするバラモン(司祭)を最上位に、軍事・政治をつかさどるクシャトリア(王族、武士)、商工業活動に従事するビア イシャ(平民)、そしてその下には被支配民族のシュードラ(奴隷)という4つの階級を作り上げた。この古代的身分制度が、インドのカースト制度の基本となっており、やがて、この枠中から、特にビァイシャ、シュードラはそれぞれの職業別に更に細分化されてゆき、2000ともあるいはそれ以上ともいわれる多数の区分が、中世的身分制度として固定されていった。この区分は、職業を生まれたときから世襲化するものなので、「生まれ」を意味するシャーティと呼ばれているもので、これがインドのヒンドゥー社会では、非常に強い影響力を持って、人々を束縛し、社会の掟の基礎をなしている。一度決められたカーストはどんなに努力をしてみてもそこから決して抜け出せないのである。

 カースト制度で特に問題とされるのが、シュードラより低位とされる、いわゆる不可触民(アチュート)の存在である。カースト内の位置すら与えていないこの不可触民の人たちは、触れただけ(あるいは目にしただけ)でもけがれるものとして、カースト・ヒンドゥー(カーストをもつヒンドュー教徒)から差別されてきた。1億人近く(インドの人口が約8億人)いるといわれるこのアチュードは、社会の底辺で大きな労働力を提供しているのに、社会的地位は非常に低いままだ。

 アパルトヘイト華やかなりし、一時の南アのブラックのようで、まず公園や食堂、その他の公共施設には不可触民と呼ばれる人達は入れない。もしくは、入り口が別々に分かれていた。しかも居住地域が指定されていて、そこにだけ住むのが許される。勿論住環境が良いはずなんてありようがない。特に法律などの定めは無いようだが、町の暗黙の掟になっているようだ。

 アチュードに対する日常茶飯事の暴力、眼にするだけでも汚れるという思想、なにかあれば全責任をなすりつけるやり方、インドの社会の暗部であるに違いない。江戸時代の士農工商と言う身分制度にも通ずるものである。



インド紀行


インド雑感】

インドの変化は素晴らしい。現在ではカースト制度も法律上は廃止された(形式上は)。古い習慣は段々取り除かれ行くようだ。子供たちの数学に対する熱意は世界最高だ。日本では九九は一桁だけだが、此処インドでは2桁覚えるという。小学生の暗算能力も素晴らしい。ただ、街中は清濁が渾然としている。しかも、国民の7〜80%は貧困層であるそうな。ITの発展も素晴らしいものがある。世界の中で21世紀の希望の星と評価されているそうな。ご存知、パキスタンとのカシミール地方の領土争い、お互い武力競争に走り、これも互い原爆を開発した。中国との国境紛争も暫時停止、急接近を始めた。核兵器もアメリカの承認を得て国際的に認知されたようだ。ご存知金持ちの財産は桁違い、想像を絶するようだ。インドの格差社会は歴然としており、この政治的解決が何にもまして急がれるようだ。急速な経済発展と約束された未来、21世紀の世界の真の星となる得るか、狡猾な外交と同様国内の格差社会の改善が、国の真価を問われるようだ。(2007/2/15)


homeに戻る  旅行記に戻る  旅のエッセイ