10月17日 (月)  今日も快晴。訪問した出雲市の気温は、大阪よりも4℃下でした。

朝、JR浅香駅前で議会報告。この駅から出勤される方の数は、他の駅よりもかなり少ないのですが、エールを送ってくださる方々が多くなりました。やはり、体調を気遣ってくださる方もあって、受け取っていただいた「議員活動報告」も、このところの最高部数です。
なお、今日は健康福祉委員会の行政視察です。訪問先は島根県なのですが、大阪空港からの午前便が満席のため、午後の出発になりました。出雲空港に到着後、タクシーで出雲市内にある「県立こころの医療センター」に直行。竹下久由院長や事務局長から詳細な説明を受けた後、施設を見学させていただきました。この施設は、「県立湖陵病院」(精神科)という名称で同県湖陵町にあったものです。4年間をかけ、出雲市(県農業試験場桑園跡)への移転改築事業が行われ、2009年から現在地での診療が開始されました。入院中の子どもたちのために設置された小中学校の「分校」(移転前から続く事業)も視察。奥田徹教頭の説明を受けました。
なお、宿泊先の松江市では、夕食後、かつて堺支局に勤務されていた某紙記者さんと再会。現在は松江支局に赴任されているので、明日の調査事項を巡っていろいろな情報を得ました。