12月2日 (金)  昨夜から降り始めた雨は朝までに上がました。日中は曇り空で12℃。

大綱質疑本会議の3日目。共産、自民、維新の3巡目質疑が終わったのは、午後2時前でした。その後、維新市議団から「職員基本条例案」が提案され、各会派の質疑。続いて、「教育基本条例案」の提案と質疑。両条例案とも、公明、ソレイユ、共産、自民などの質問内容は厳しいものでした。今日のところ、賛成意向を示した会派はありません。

●大阪維新の会堺市議団の「職員基本条例案」に対する、長谷川の主な質疑内容
同じ条例案が府議会に提案された際、大阪府総務部が687項目の質問を維新の会に突きつけました。また、総務部は「職員基本条例についての論点メモ」を作成し、主な問題点をホームページにも掲載し、このメモなどをもとに維新府議との間で意見交換も行っています。
まず、このメモにまとめられた10項目のうち、次の3項目について質問。@人事評価(相対評価の義務付け)、A相対評価に基づく分限免職、B職務命令違反に対する処分。
府総務部は、具体的な問題点を指摘し、最高裁判例などに照らしても「違法性がある」と指摘しています。維新堺市議団は府とほぼ同一の規定を提案しており、総務部見解にどう反論するかを質したのです。残念ながら明確な答弁ができず、「質問事項の通告がかった…」などと逃げの一手です。なお、堺市総務局も府総務部と同様の見解を示しました。

●大阪維新の会・堺市議団の「教育基本条例案」に対する、長谷川の主な質疑内容
教育基本条例についても、大阪府教育委員会が「大阪府教育基本条例案について」という基本見解を示しています。府教委は「教育の政治的中立性」などの観点から危機意識を抱き、知事との意見交換を行いました。そして、教育長を除く委員全員が「条例成立なら辞職」と表明。これらの事態について、維新議員団と堺市教育長の思いを質しました。また、「最高規範性」に関する他議員への答弁に関して質問すると、まったく無関係な弁明を繰り返すだけでした。

両条例案とも、府議会・大阪市議会への提案があってから3か月近く経っているのに、提案者は、指摘を受けている論点の把握すらできていないようです。府では、松井新知事が再検討の上で「知事案」を提案する意向を示しており、「府・大阪市両議会に続く、義務的な提案だったら取り下げてはどうか」と迫りました。

198-1.jpg 198-2.jpg 198-3.jpg