12月23日 (金)  年末の休日ですが、寒さが増して気温は7℃までしか上がりません。

堺市議会でも、このところ「議会改革」への取り組みが進んでいます。すでに、インターネット中継、本会議場へのスクリーン設置などを実現。今議会からは、議場へのパソコン持ち込みも試行しています。また、各会派がメンバーを送る「議会力向上会議」が開かれ、「議会基本条例」制定に向けての議論も始まりました。市民の皆さんが期待する改革となるか、ぜひご注目いただきたいところです。
●「市民と議会」か「議会と市民」か・・・
その基本条例の「前文」と「第1条」について、正副座長の案が示されました。第1条(目的)案に「議会と市民との関係、議会と市長その他執行機関との関係及びその他の議会に関する基本的事項を定めることにより、市民に身近で開かれた議会を創造し…」という下りがあります。
私が気なったのは、「議会と市民との関係」の部分で、ここは「市民と議会との関係」とすべきだという意見書を提出しました。その理由は、地方自治の主人公は「市民」だからです。実際、正副座長が示している「前文案」にも、「本市議会は、市民から負託された期待に応えるため…」と記されています。「市民」の語を先に置くことが条例制定の意図に合致し、基本条例の制定にあたって議員が立脚すべき重要な観点だと、私はこだわっているのです。
しかし、私はこの向上会議のメンバーに入ってません。選出母体(無所属議員から1人)の関係上、別の無所属議員にその任を担ってもらっているので、どのような議論が行われたか承知していません。ただ、配布された会議記録によると、公明党が「長谷川意見に反対」と表明し、他の会派や無所属議員も「正副座長案でOK」とした模様です。

228-1.jpg