7月21日 (木)  土用の丑の日。源内さんのお陰で、病院の昼食にも鰻が出ました。

今日の陽子線治療は、通常より1時間ほど早く行われました。いつもと順番が逆になった「ハセガワ」さんと少し長く話す機会ができ、会話のなかで思いがけないことが判明しました。
「私よりも女房の方が有名なんです」とおっしゃるお言葉を確かめてみたら、奥様は中国地方のある自治体の議員をしておられるとのこと。2007年10月に岩国市で開催した自治体議員勉強会にご参加いただき、その折にお目にかかっていることをすぐ思い出しました。まさに…「世間は狭い」です。
治療が早く終わった関係上、午後のトレーニングジムでの時間もたっぷりあって、水泳距離をさらに延ばしました。
※写真中は栄養科からのメッセージ、右は昼食・夕食の主菜を2種のメニューから選択できる申込書です。

46-1.jpg 46-2.jpg 46-3.jpg