9月1日 (木)  防災の日、各地で訓練。そして、台風12号がゆっくり接近中です。

議員活動を再開し、休載していて「アクション日記」の更新も始めました。今日の日記には、次のようなことを書きました。

昨日、前立腺がんに対する陽子線治療が終了しました。
当初7月1日開始予定だったのですが、私のために調製していた治療器材(ボーラス)の作成が遅れ、治療は7月4日に始まりました。原則として月〜金の週5日、合計39回にわたって陽子線を照射、根治をめざすという治療です。途中で2回、照射装置のメンテナンス期間があったため、ほぼ2か月を要しました。
治療期間中に入院していたIHI播磨病院は相生市内にあって、ここから播磨科学公園都市にある粒子線医療センターまで、毎日車で通院していました。前立腺がんの場合、治療による身体的ダメージが少なく、治療施設のベッドは他の部位を治療する患者を優先しているのです。私の場合も、顕著な急性期副作用はなく、治療を終えました。
なお、昨年1月に建て替えられた播磨病院では、病室でインターネット回線を利用できたのが幸いでした。お急ぎのご相談には、メールで市当局に要請して対応。また、8月25日の初日本会議も、インターネット中継で提案理由説明を聞きました。

さて、今日から大綱質疑の本会議が始まり、出席しました。第1日目は、維新の会、公明党、ソレイユ堺、共産党、自民党の各議員が質問。私の発言は「5日(月)午前10時」の予定で、発言通告も病室からメールで送りました。もっとも、接近中の台風12号の影響で明日の本会議が途中休憩になったりした場合、予定は変更になるでしょう。いずれにせよ、ご心配をおかけしましたが元気に議員活動を再開しました。入院中、午後はトレーニングジムに通い、併設のプールで泳ぐなど、体調管理にも努めてきましたので、以前と変わらない働きをさせていただくつもりです。