2月11日 (土)  大震災から11か月。来月には丸1年となるのですが復興はまだまだ…

今月初めからインフルエンザにかかっている母を見舞いました。前回見舞った時は、やや重症の罹患者を集めた部屋に隔離されていたのですが、今日は病室が変わり、かなり快方に向かっているようで一安心。午後は、「がんと共に生きる会」が明日開く公開座談会のために、出雲から来阪された佐藤愛子さんを大阪空港に出迎えました。同行の島根県職員・小豆澤伸司さんにもご挨拶。小豆澤さんは、島根県の行政担当者として、 がん条例やがん対策基金の策定・実施に携わった方だそうで、明日のお話が楽しみです。