2月2日 (木)  大分市内は朝から雪で高速道は通行止め。帰ってきた伊丹空港も雪でした。

今日は、大分市議会を訪ねました。議会改革への取り組みを熱く語ってくださったのは、日小田(ひおだ)良二副議長(写真左)と広報委員の井手口(いでぐち)良一議員(同右)。
同市議会では、2006年11月に議長から、会派を超えた政策研究への取り組みなどを行う検討組織の提案があり、12月に全議員による「政策研究会」を設けることを決定。その研究会の議論を通して、2008年12月に「議会基本条例」を制定しました。
また、条例制定にあたって、市内13か所で「市民意見交換会」を開催。429人の市民が参加したそうです。日小田副議長は、「市民意見交換会が議会基本条例を充実させた」と胸を張りました。なお、同市議会でも、2009年から本会議での一問一答方式などを導入しています。

●「大阪都構想と堺市の分割」などについて、大分市議から質問…
私たちの質問がひとわたり終わったところで、井手口議員が「大阪都構想への対応などについて意見交換したい」と発言。視察には堺市議会の議長(維新)も参加しており、維新会派としての見解を述べました。私は、都構想を実現するための協議会条例案は堺市議会で否決される公算が高く、市長は提案しないだろうという見通しを述べ、府と大阪市との統合が先行する可能性を語りました。また、議長が竹山市長当選の経緯にも触れたことをとらえ、その選挙を契機に「与党」「野党」という議会構造が崩れ、「議会基本条例」制定への機運も高まった…と堺市議会の現状を説明。橋下氏の行動によって大きな流動化が起こっている…とも話しました。

ところで、大分市議会の意欲的な取り組みは、2010年の第5回マニフェスト大賞の優秀成果賞を受け、日経グローカルの全国議会改革度調査で第6位(中核市では1位)と評価されています。今回の視察成果を、堺市議会の改革に生かしたいものです。

273-1.jpg 273-2.jpg