4月28日 (土)  大型連休の幕開けは、快晴で27℃。夏服に着替えて出かけました。

奈良市の市民団体「政策研究ネットワーク『なら・未来』」が主催する「議会改革フォーラム」が、奈良県文化会館で開かれました。奈良市議会では、昨年6月の議長選贈賄申し込み事件が市民の批判を受け、議会改革が進んでいます。今日は、法政大学の広瀬克哉教授が基調講演の後、主催者代表の木原勝彬さんが「新生奈良市議会の創造に向けて」という提案。続いて、ジャーナリスト・浅野詠子さん、市議会議会制度検討特別委員会・天野秀治副委員長を加えてパネルディスカッションが行われました。
広瀬教授の議会改革や基本条例に関する基本的な話はとても分かりやすく、浅野さんが「ずいぶん遅れたところから、一気に、すごいスピードで改革が進んでいる」と評価したのも印象的です。また、改革作業の状況を議会ホームページなどで公開したり、近く、議員が街角に立って市民へのアンケート調査を行うなどの手法は、堺市の改革の参考になるでしょう。

365-1.jpg 365-2.jpg