5月12日 (土)  今日もいいお天気です。ただし最高気温は17℃、朝方は11℃でした。

5月1日の日記に、菅直人さんから電話をもらったことを書きましたが、菅さんも翌2日の「今日の一言」(ブログ)に次のように記しています。

■孫に原発を残さない同盟■(菅直人「今日の一言」2012.5.2)
団塊世代も孫を持つ世代。孫に原発を残さない同盟を考えている。長年の友人で市川房枝選挙以来の同志の長谷川俊英氏にも相談を持ちかけている。
大学で、職場で、近所で、猫の話題と同じように脱原発を話し合おう。誰かに期待したり、誰かを批判するのではなく、自分ができることを実行し、その事を話題にしよう。
議員の皆さんへの忠告をひとつ。
原子力村はなかなかしたたか。多くの議員の心理は敵を作らないこと。原子力村はそこを突いてくる。小泉さんのように、わざわざ敵を作ることまで勧めないが、敵ができることを恐れると、何時の間にか原子力村に取り込まれる。これは私自身の反省。

前総理大臣が「原子力村に取り込まれた反省」を語っています。「敵を作らない」ことを心がけたことなどない私には思い当たりませんが、国会議員の多くがそんな心理状態で活動しているのでしょうか。また、首相という最高権力の座にあった菅さんが、これからどのような市民運動を展望しているのか。間もなく5月議会が始まりますが、時間を作って話し合ってこようと思っています。「孫に原発の残さない同盟」について、読者の皆さんのご意見もお寄せください。
今日は、私も3人の孫たちと会ってきました。そして、明日は「市政報告会」なので、「母の日」前日に入院中の母を見舞いました。

382-1.jpg