9月22日 (土)  秋分の日。日中はほぼ晴天で28℃。運動会にはこの上ない日よりでした。

30数年前に娘と息子が通園したのをご縁に、毎年お招きいただいている金岡二葉幼稚園の運動会。園児たちの楽しげな演技を見せてもらいました。この子たちのお父さんやお母さんは、もう我が子よりも若い世代に見えます。

その後、明日まで開催中の「りぶ・らぶ・らいふ あーと展」を鑑賞するため、サンスクエア堺別館へ。堺市内の授産所や作業所9団体を利用する障がい者の作品に加え、福岡県大野城市の松澤造形教室からの応援出展もありました。
この「あーと展」は、北区東浅香山町の「障がい者作業所こだま」を主宰する田中逸郎さんが、韓国旅行の際に偶然知り合った大野城市の松澤(城戸)佐和子さんから、松澤造形教室に学ぶ知的障害児の作品展をしていると聞き、自分たちでもやってみようと企画したものです。そんな経緯を田中さんから知らされ、たまたま堺市民会館での会合に出席中の大野城市議・清水純子さんに連絡してみました。「松澤さんとは旧知の間柄」だというので、夕方、会場に案内。昨日から来堺中の松澤さんもびっくりしながら、予期せぬ出会いを喜んでおられたようです。

■写真の後列=右から松澤さん、清水さん、筑紫野市議・辻本美恵子さん。前列=右から田中さん、長谷川

528-1.jpg 528-2.jpg 528-3.jpg