5月14日 (火)  区切り遍路第6日=(久百々の宿)〜真念庵口〜39番延光寺〜平田駅前の宿

今朝は、海から昇る太陽を見ることができました。また、昨夜の宿泊客は私の他に、徳島県内に家があるという若い女性だけでした。昨日、宿から8qの地点まで歩いている途中にすれ違ったことを覚えておられ、私とは逆に8qほど足摺岬方向に進んで宿の迎えを待ったそうです。
食事の折に伺った話では、以前、大阪・島本町の企業に勤めていたとか。退職して、海外27か国を旅した後、生まれ育った四国を知りたくなって遍路旅を始めたと教えてくれました。遍路は基本的に一人旅。無事に歩き終えられるよう祈って、見送りました。
私は、宿の主人が戻って来るのを待って、昨日の到達点へ。そして、真念庵から三原村を経て宿毛市に至るコースを歩みました。途中、地元男性が「自分らが整備した」と勧めて下さった遍路道は、地図には載っていない趣のある道でした。休憩所で冷茶とキャンディーの接待を受け、予定より2時間早く宿に到着。明朝のつもりだった、39番延光寺へのお参りも済ませました。
今回の区切り遍路はこの札所で打ち止めです。お寺から2qほど戻った平田駅前の旅館に宿泊。明日は宿毛駅まで約10qを歩き、列車で帰ります。
【歩行距離27.5q 37,361歩】

789-1.jpg 789-2.jpg 789-3.jpg