6月9日 (日)  午後から曇り空。「そろそろ雨が近づいている」と期待しているのですが…

昨日、ホームページのアクセス件数はいつもの土曜日の3割増。7日本会議での発言に関心を持って下さった方が多いのでしょうか。また、「竹山市長が維新議員の発言にツイッター怒っているけど、どんな言い方をしたのですか?」との質問メールもいただきました。
私は、政治に関わる人が熟考せず発する「つぶやき」には関心がなく、市長のツイッターのフォロアーでもないので、怒りの矛先が何かは知りません。ともあれ、維新の発言者は2人でした。議案質疑に立った議員は、被災地支援条例が生まれる契機になった市長の発言を非難。さらに、復興応援物産市が支援基金条例の制定前から始まっていることを執拗に問題にしました。これに対して市長は、「人的支援などは発災直後からやっている」と反論。

●一般質問では、準備不足の発言に竹山市長が逆襲
また、一般質問を行った維新議員は、自民党パーティーでの市長発言「維新を大阪から放逐する」と、「広報さかい」に大阪都構想の問題点を指摘する記事が掲載されたことを追及しました。しかし、竹山市長はあらかじめ質問内容を予測し、反論のための資料も準備していたようです。明らかに劣勢になった維新議員が「その話はこれくらいで…」と話題を変えようとするので、思わず私は、「議論を仕掛けて逃げるな!」とやじってしまいました。
この議員の発言中に休憩となり、再開前の議場でさらに、「市長側の土俵に上がって議論したら負ける」と維新議員に話しかけると、「市長が質問にきちんと答えない」と反論。確かにそんなきらいはありましたが、「それも織り込んで自分たちの土俵を作ったら…」と進言。大声での会話を聞いていた別会派の議員から、「長谷川さん、指南したり!」との声がかかりました。
7日本会議の録画中継は、12日(水)午前9時にアップロードされます。私の議案質疑も。

※堺市議会インターネット中継(実況・録画) http://www.kensakusystem.jp/sakai-vod/index.html