9月17日 (火)  今朝は15℃で、半袖では寒いほどでした。それでも午後には30℃です。

昨夜、2つの個人演説会場で、私が話した竹山おさみ候補応援の弁は、次のような内容です。

●2つの初体験
私は今日、2つの初体験をします。私の市議選では個人演説会をしないので、地元の地域会館で政治の話をするのは初めてです。また私は、市議の仕事の第一義は市長の行政運営を監視することだと考え、これまで市長候補の応援をしませんでした。にもかかわらず、今夜この席に立った理由を話します。

●竹山市長を応援する2つの理由
その1つは、相手候補があまりにも市長としての資質に欠けることです。竹山市長に橋下代表との公開討論を申し入れた際、「自分では荷が重い」と言った人に市長は務まりません。また、先の議会で議決された旧堺病院跡地に文化観光拠点を設置することについて、維新市議団は昨年まで、計画の推進を促し、整備予算の増額さえ求めました。ところが、竹山市長の再選出馬表明を機に反対に転じたのです。市長が敵か味方かで政策評価を変えるのは、市民のことを考えていない証拠です。
2つ目は、相手候補が大阪都構想を堺市民に押しつけるため、橋下さんの意向を代行する人だからです。都構想は中身が不明確な上、二重行政解消で4000億円の削減効果があると言っていたのに、今年8月の試算では700億円でした。しかも、維新堺市議団ホームページには効果額は「8000億円」と誇大表記しています。指摘されても、説明は一切なし。そんな無責任な政党が堺の市政を担う資格はありません。

●評価できる竹山市長の政治手法と具体政策
私は、市長にとって厳しい批判者です。しかし、竹山市長が議会で議員と議論したり、例えば東日本大震災の避難者と直接話し合ったりしながら進める“現場主義”の政治手法は尊敬すべきだと思っています。子育て支援ほか、まじめに取り組んでいる具体の政策も評価できます。その一方、橋下維新代表は堺東駅前の演説で、「大阪府と大阪市、堺市をひとつにするのは夢のある話だ。まだ見えないところはあるが、夢に向かって新しい大阪都をつくる」と言いました。ご自身が“夢想”だという政治に、私たちの暮らしや未来を託すことはできません。これらのことから、今回の選挙では竹山候補を応援します。もちろん、再選後は、また論戦相手です。

●最後に1つのお願い
「2つ」「2つ」と話を進めてきましたが、最後に1つ、お願いがあります。告示日に記者さんに選挙情勢を尋ねたところ、「五分五分。しかし、維新の側には“伸びしろ”がある」とのことです。私は、竹山候補にも“伸びしろ”を作りたいと思い、参加しました。今日ご来場の皆さんも、ぜひ、ご自身だけでなく、まわりの方々に竹山支持を広げて下さい。お願いします。

■今日は、五箇荘小学校で個人演説会
今夜も、北区内の五箇荘小学校で竹山候補の個人演説会が催されたので参加しました。ただし、私の出番はなく、聴衆の一人として。

▼写真は、昨日の新金岡校区地域会館での演説会

918-1.jpg 918-2.jpg 918-3.jpg