9月7日 (土)  今日夕方の研究会に参加するため、昨日福岡へ。当地は朝から雨です。

午後5時から、博多駅近くのビルにある市川法律事務所で、政治倫理条例研究会が開かれました。毎回のメンバー、斎藤文男九大名誉教授、市川俊司弁護士、平原四郎前筑紫野市長と私のほか、福岡県芦屋町で条例の運用にかかわってきた岡夏子さん(前町議)も参加。苅田町で発覚した議長の条例違反や、名古屋市での議員口利き事件などを踏まえて、議論。また、各倫理審査会の運営状況についても事例報告がありました。
7時すぎまで続いた研究会の後は、場所を変え、最近の政治状況をめぐって情報交換。話題の中心は堺の市長選挙です。参加者の誰もが、橋下維新の企てを押しとどめる選挙として大きな関心を持っています。また斎藤先生からは、麻生副総理の「ナチス憲法」発言に触れながら、ワイマール憲法と当時のドイツ政治状況について興味深い話を伺うこともできました。