1月14日 (火)  出発時−2℃、駅前議会報告終了時2℃、最高気温7℃と厳寒です。

中百舌鳥駅の南側で駅前議会報告。携帯カイロを左手に、マイクを右手に握ってのスピーチです。それほどの冷え込みにもかかわらず、早朝からボランティアの皆さんのご協力をいただきました。午後は、また金岡町に入り、一部地域に「議員活動報告」を配布。
ところで、午前中に文化部職員が来訪。和歌山県田辺市との「友好都市提携」について説明を受けました。堺市は元々、田辺市と合併する前の本宮町と友好都市でしたが、合併後に解消。その後の田辺市との交流の中で、改めて都市提携の協定を結ぶことになりました。
●旧本宮町との交流契機は1985年
古い手帳を調べてみると、1985年5月17日に本宮町の泉幸徳町議と森行光助役が、堺市在住の剣道家・西善延先生と共に私を訪ねて来られました。町議会の「ふるさと活性化特別委員会」委員長を務める泉議員が「都市との交流を目指しているので協力してほしい」とのこと。西先生は本宮町に隣接する奈良県十津川村の出身で、森助役と同郷。また、私の剣道の師匠の指導者でした。翌年、新金岡親子剣道クラブの合宿を同町で行ったり、堺市議の有志で訪問するなどの交流が続き、1991年11月には、熊野古道の「境王子」跡(堺区今池町)に建立した石碑を同町から受贈。様々な交流が深まった結果、1998年5月に友好都市提携の協定が締結されました。ちなみに、その時の本宮町長は泉正徳さん(泉幸徳議員のご子息)でした。