8月22日 (金)  昨夜荒れた天気も出発時には小康状態で、その後も比較的好天でした。

未明に雷鳴がとどろき、激しい稲光が真っ暗な宿の窓辺から付近の景色を浮かび上がらせました。テレビのニュースが始まると、妻の実家に近い太宰府市に集中豪雨。隣接する筑紫野市では全世帯、大野城市でも一部地域に避難勧告が出ていました。
実家に戻ると、裏庭に接する牛頸川は激流が水かさを増しています。一時は庭まで溢水した痕跡も見られました。近くに住む親戚の方の話によると未明の雷雨はすさまじく、気になって様子を見に来てくださったそうです。義母を連れて外泊していなかったら、私たちも避難の思案していたに違いありません。

1298-1.jpg 1298-2.jpg