10月30日 (金)  今朝は10.3℃。曇り空だったので寒さを感じました。午後、20.0℃に。

小林よしか議員の政務活動費支出に関する住民監査請求について、堺市監査委員が監査結果を発表しました。監査結果は、小林議員の4年間にわたる支出のほぼ全てを不当なものと認定し、約1041万円を返還させるよう市長に勧告する厳しいものです。
監査委員が不当支出とした主な内容は、チラシの印刷・配布代金=約285万円、秘書(黒瀬氏)への給与=約400万円、ホームページの管理費等=約166万円。とりわけ、チラシ配布については「重大な過失による不法行為」として、各領収証の日付に遡って遅延損害金を請求すべきだとも勧告しています。
この勧告を受け、竹山市長は本日付で全額の返済を小林議員に請求。報道によると、小林議員は「弁護士と相談の上で対応する」と言っているそうです。ちなみに、昨年、不正支出で議員辞職した北野礼一氏(維新市議団団長)への返還請求額は、約1050万円(遅延損害金を含めると約1250万円)でした。小林議員は昨度年も監査委員の指摘で約247万円の返還請求を受けており、合計額は北野氏をはるかに上回ります。当然、進退も問われます。

●小林議員→特別委員会の行政視察を欠席
ところで、今朝はJR百舌鳥駅前で議会報告。スピーチで、監査結果が出ることや11月2日の議運に小林・黒瀬両議員が出席することなどを語ったこともあってか、「議員活動報告」を受け取って下さった方が増えました。また、私には「がんばって!」のご声援をいただき、配布スタッフには小林議員への怒りの声を伝えられる方々がたくさんいらっしゃったそうです。
駅前報告修了後、昼前に登庁して監査事務局に監査資料の情報公開請求。障害福祉部や財政部の報告を受けました。午後は、子どもと女性が輝く社会実現調査特別委員会の行政視察で、松原市の阪南中央病院内にある「性暴力救援センター大阪」(SACHICO)へ。視察は、金岡・金岡南両小学校での放課後支援事業も予定されていたのですが、私はそのまま市役所に戻り、監査資料の提供を受けました。なお、小林議員もこの特別委員会のメンバーです。しかし、体調不良を理由に視察の全行程を欠席でした。


▼左=関西テレビ 中=毎日放送 右=朝日放送

1758-1.jpg 1758-2.jpg 1758-3.jpg