11月6日 (金)  朝14.1℃。午後には23.3℃まで上がりました。そして、終日快晴です。

中百舌鳥駅の北側広場で議会報告。小林よしか議員の政務活動費疑惑をスピーチしたからでしょうか、受け取っていただいた「議員活動報告」は、このところの最多部数でした。また、私自身は、小林議員と同年代の女性が何人も手を差し出されたのが印象的でした。午前中は事務所で、明日の市政報告会のための資料作成。午後から登庁して議会事務局などと協議の後、消費生活センターから「第2期堺市消費生活基本計画(案)」について説明を受けました。

●感心と納得…郷原信郎弁護士のブログ
維新の党分裂騒ぎの中、橋下徹氏が、強引に開催した「党大会」を国会と内閣の関係になぞらえて語る“こじつけ論理”にまやかしを感じました。このほど、元検事・郷原信郎弁護士のブログ=「『弁護士たる政治家』としての橋下氏への疑問」を読んですっきり。郷原さんは、次のように書いて、橋下氏をたしなめています。「適切とは言い難い法律専門用語や、一般人には容易にアクセスできない判例などを持ち出して、自論の根拠づけとなるかのように見せるやり方は、『弁護士たる政治家』として厳に慎むべきだと思う。弁護士としての法的素養や実務能力は、そのようなことのために与えられたのではない。検事時代の経験だが、レスリング・ボクサー等のプロ選手が、その技を一般人に使った場合には、『凶器使用』と同等の厳しい量刑で求刑するのが通例だった。プロは、プロスポーツで培った技能を、プロ相手に使うべきであって、一般人に危害を加える方向で使うことは許されない。弁護士も、その技能を政治の分野で、非弁護士の政治家や国民を欺く方向で使ってはならないのである」

※郷原信郎弁護士のブログ
https://nobuogohara.wordpress.com/2015/10/21/%E3%80%8C%E5%BC%81%E8%AD%B7%E5%A3%AB%E3%81%9F%E3%82%8B%E6%94%BF%E6%B2%BB%E5%AE%B6%E3%80%8D%E3%81%A8%E3%81%97%E3%81%A6%E3%81%AE%E6%A9%8B%E4%B8%8B%E5%BE%B9%E6%B0%8F%E3%81%B8%E3%81%AE%E7%96%91%E5%95%8F/