6月9日 (火)  雨は午後まで続き、駅前議会報告の順延は正解でした。でも、木金も不安。

今日から3日間は、大綱質疑の本会議です。初日はまず、公明党とソレイユ堺が議案質疑。その後、大阪維新、公明党、ソレイユ堺、自民党、共産党の順に一般質問を行いました。私が質問通告している「大阪市の住民投票」については、維新と自民の議員も質問。竹山市長は、「市民生活への影響を十分に説明されないまま、大阪市民は苦渋の選択を迫られた。そして、市民は、一昨年の堺市長選挙と同様に『大阪市は一つ』との民意をしめした」と答えました。また、やりとりの中で維新議員は、(自分たちの)「一連の取り組みは民主主義の向上につながった」と主張しています。明日いちばんの私の議論は、これらの発言を踏まえて始めるつもりです。
ところで、今日の本会議では、発言者の全員が通告した予定時間よりも10分〜20分早く質疑を切り上げました。とても聞きやすかったし、会議も早く終わりました。