10月7日 (金)  朝の気温がぐんと下がって17.6℃。最高気温は26.8℃で、爽やかでした。

堺区・並松公園の土壌汚染について、堺市が行っていた追加調査の結果が発表されました。この調査は、9月7日の第1回調査の範囲を拡大して、公園全域のほか、隣接する地元自治会の広場など21か所の土壌を対象とするものです。また、めっき工場解体のために占用許可した区域では、表層調査だけでなくボーリング調査も実施しました。
その結果、占用許可区域の表層調査で「土壌溶出量基準」を超える六価クロム化合物とシアン化合物を検出。ボーリング調査では「地下水環境基準」を超えるシアン化合物も検出されたそうです。ただ、いずれの調査でも「土壌含有量基準」は超えていないとのこと。

なお、市当局によると、それぞれの「基準」は次のように定義されるようです。
※土壌溶出量基準=土壌に付着した有害物質が溶け出した地下水を飲み続けると、人の健康に影響を与える可能性がある値
※地下水環境基準=人の健康の保護及び生活環境の保全の上で、維持されることが望ましい基準(環境基本法に基づくもの)
※土壌含有量基準=有害物質を含む土壌に直接触れたり、土ぼこりなどを体内に取り込み続けることで、人の健康に影響を与える可能性がある値

●汚染原因は「解体工事」と、ほぼ推定
2回の調査で土壌汚染が判明したのは、工場解体のために占用許可を与えた区域に限定されることから、汚染の原因はそれによるものと推定することができます。今後、実際にどんな汚染物質が工場内に存在し、どのように汚染されたかなどの実態解明が必要です。
--
さて今朝は、地下鉄・新金岡駅AB出入口で議会報告。常磐浜寺線を背にスピーチしていている私に、信号待ちの車の窓を開けて声援を送って下さる方が相次いだので、安全運転をお願いしました。午後から、南花田町の残り地域と蔵前町3丁、さらに船堂町1丁の長尾街道に面した各戸に「議員活動報告」をお届けしました。南花田町の配布部数は、合計1410部です。

2128-1.jpg