12月21日 (水)  天気もよくなり、気温は16.3℃。事務所はボランティアの方々で賑やか。

「受動喫煙防止強化決議」をめぐって、昨日の日記に書いた質疑では、「議会フロア喫煙所」の廃止時期について、見解の異なりが明確になりました。

●引き延ばし企む…公明党・自民党
下の写真のように、議会喫煙所は冷暖房完備の室内に捕煙機能を備えるテーブルや椅子が設置されています。他方、庁舎外の喫煙場所は冬は寒いし夏は暑く、雨が降れば傘も必要です。「快適な談笑室を手放したくない」という本音が分からないでもありません。

●「即日廃止」OK…維新・ソレイユ堺・共産党
前議会での廃止提案後は議会喫煙所を使っていないという維新の会は「即日廃止」を主張。ソレイユ堺は、小堀議員が「可決後は使わない」と宣言し、山口議員も「入れなくなって構わない」と述べました。共産党も「速やかに撤去してほしい」と表明しています。

●市長が決断しなかったら、市長選の争点に!
この喫煙所は、12年前に市役所を全面禁煙とする折に、議会議長からの口頭の要望で設置されたもの。今回は、本会議で「撤去」を全会一致議決したのですから、建物管理者である市長の判断でいつでも実行できることになりました。ただ、竹山市長には、来秋の市長選で自民・公明両党の支援を期待したいという思いがあるのではないかと、私は想像しています。

●撤去時期の明言避けた市長答弁
昨日、そのことを市長に質したら、「議会の決議は意義深い。今後も受動喫煙防止に向けて必要な対策を講じる」と、きわめて曖昧な答弁でした。そこで私は、昨朝、朝日新聞が報じた市長選の記事を持ち出し、維新候補から「実行力のない竹山市長」と攻撃されると指摘。そんな争点を作らないよう早期の決断が必要だし、もし立候補しないなら、「置き土産」として市民の期待に応えてほしいと主張しました。
本会議終了後の記者会見では、記者からも鋭い質問があったようで、市長は「議会と早急に協議し、対応したい」と釈明したそうです。まあしかし、議会の誰と協議するのでしょう。議会内が割れていることは先述のとおりで、市長が「市民目線」で判断するしかありません。

■和田貞夫さんの訃報■
ところで、元衆議院議員の和田貞夫さんが、12月18日に逝去されたとの知らせが届きました。和田さんには、社会党府議時代から色々ご教導にあずかりました。1993年の総選挙では、既成政党の議席独占を阻む市民派新人候補として挑みましたが、和田さんの実力にかないませんでした。そんな対抗関係がありながらも、その後も親しくしていただきました。
2013年の堺市長選の際は、竹山陣営の選対本部長として、都構想を押しつける維新候補と闘う指揮をとられたので、選挙事務所を訪ね、改めて教えを乞いました。92歳とご長命ではありましたが、その死は限りなく惜しまれます。謹んで哀悼の意を表します。

2211-1.jpg 2211-2.jpg 2211-3.jpg