5月30日 (月)  雨は朝もまだ降り続いていました。午後には晴れ、気温は24.1℃でした。

今日の本会議と、本会議終了後の特別委員会で、議会役員のすべてが正式決定しました。
議長=ソレイユ堺、副議長=公明、議会選出監査委員=自民・維新という分担は、役職決定の主導権をこれら4会派が握っていることの現れです。
ちなみに昨年は、議長=維新、副議長=公明、監査委員=ソレイユ堺・自民でした。

なお、常任委員会の委員長もこれら4会派で分け合っているのですが、委員長は進行発言しかしないのが原則。そこで、会派見解を主張する委員が必要となり、会派所属議員が少ないソレイユ堺や自民党が委員長となった委員会に無会派の議員が入る余地がなくなるのです。

本会議終了後に訪ねてきた某職員の話によると、「今年、長谷川議員は健康福祉委員会を離れる」と予測(期待?)した関係職員が多かったそうです。しかし、そんな訳で同じ委員会での議論を続けざるを得なくなりました。「もう、うんざり」との思いをお持ちの方も多いかもしれませんが、お互いに緊張感を失わないようにしたいものです。

ともあれ、役員選考のための議会日程は今日で終了。通常の定例会のスケジュールが始まり、明日の議会運営委員会では市長からの議案が提案される本会議(6月2日午後1時)の議事運営を協議します。また今日は、市教委や子ども青少年局などとも協議。市民相談に関係する調査、特別委員会の運営や大綱質疑での議論テーマの模索も始めました。

1987-1.jpg