8月13日 (土)  昨夜は久しぶりにエアコンなしで眠りました。しかし、昼間は33.8℃の暑さ。

毎年「せめてお盆だけでも…」と、兵庫県明石市のお寺にある墓の掃除とお参りに出かけています。そのお寺は、源氏物語ゆかりの戒光院(明石入道・浜の館があったといわれる地)や無量光寺(光源氏が月見をした寺)に隣接。無量光寺の山門前の「蔦の細道」は、光源氏が「浜の館」から明石の上が住む「岡部の館」へ通った道と言われており、時間があれば辺りを散策したいといつも思うのですが、厳しい暑さにためらわされています。
もっとも、今日は近くに「與五郎」というお店を見つけて昼食。明石の漁師さんから仕入れたばかりというサワラの塩焼きや、タコ入りだし巻きなど、素朴でうれしい味の料理です。堺でいつもお昼ご飯のお世話になっていた「与太呂」さんを懐かしみました。

2067-1.jpg