10月30日 (月)  )「木枯らし一番」…強い風の朝。駅前議会報告では、コートを着用しました。

今池水みらいセンター内で起こった下水道事故は、応急の仮復旧工事が完了し、まずは一安心です。上下水道局職員と関係企業の皆さんの昼夜を分かたない奮闘に感謝したいと思います。
また、この事故が下水処理場内で発生したことは、まさに不幸中の幸いでした。もしも一般道路上で起こっていたら、交通規制や近隣への影響などの生活被害が拡大し、対応も長期化したと考えられます。
なぜ、地下14mの下水管が損傷する事態となったのか、管理上のミスは果たしてなかったのかなどの原因究明が必要です。昨日、陥没地点に接する石垣が大きく傾いている現場を見て、改めて思いました。
また、緊急避難とは言え、汚水マンホールから汲み上げて雨水排管に直接流すという作業は、河川の水質汚濁を招きます。妥当で、合理的な措置だったのかの検証も必要でしょう。
ほかにもいくつか考えさせられることがあります。上下水道局からまだ詳細な報告はありませんが、事態が一段落したら、本格復旧に向けての方針などと併せて説明を求めたいと思っています。

●冷たい強風の中、温かい声援を…
今朝は、JR浅香駅前で議会報告。乗降される方はいちばん少ない駅ですが、「頑張って下さい」と握手を求められる方があるなど、温かい雰囲気でした。
その後、リコール運動最終盤のために後回しになっていたご相談事項に対応するため、北区役所、北部地域整備事務所、固定資産税事務所などを回ってから、市役所へ。

2548-1.jpg 2548-2.jpg