12月14日 (木)  2.4℃〜8.8℃。寒波は今日も依然と居座っており、寒い日が続きます。

昨日の健康福祉委員会で市長退席後、市民から届いた「家族同様に暮らした愛犬が亡くなり、市役所に依頼したらゴミと一緒に焼却され、今も自分を責め続けている」とのお便りに基づいて議論しました。

堺市でも、以前はクリーンセンター南工場(南区御池台)の「死犬猫炉」で、ゴミとは別に焼かれてれていました。ところが、2013年に臨海工場が開設されて以来、一般ゴミと同じ溶融炉で「処分」しています。

実は、この工場でも当初は別炉を作る予定だったのですが、CO2排出量の削減を理由に計画変更したそうです。ゴミピット(黄色扉)とは別に搬入口(右端)を設けているというのですが、溶融炉まで運ぶクレーンは共用です。現場を見に行くと、クレーンのあちこちに一般ゴミが付着していました。

府内の状況を調べると、42のうち24の自治体が動物専用炉を持っています。また、20政令市のうち15市に専用炉があり、札幌、名古屋、広島などの各市の炉は斎場に設置されて、「火葬」しているのです。

昨日の議論では、臨海工場の計画変更に当たって、動物センターとの協議もなく、「動物愛護」という視点が欠落していたことが明らかになりました。

●環境事業部などと協議の上、動物愛護の精神から見直しを!!
なお、専用炉を持たない大阪市では、死亡動物は専門業者に委託して処理しているとのこと。また、大阪市のホームページでは「ペットなどが死んだ場合の引き取り」という案内があるのに対して、堺市のホームページは「死んだ犬猫などの収集」と表記しており、これでは「ゴミ収集と同じ感覚か!」と言われてもしかたありません。

「動物愛護の精神からの改善を図るべきではないか」と質したところ、健康福祉局長が「現在の形になるには経緯があったと思う。しかし、動物愛護の精神や飼い主の思いへの配慮から、環境事業部など関連部局と協議したい」と答えました。

2597-1.jpg 2597-2.jpg