3月29日 (水)  今日の気温は15.1℃に。さすがに、春の訪れを感じるようになりました。

午前中は所用で外出。その後、事務所で仕事をして、午後遅く登庁しました。

堺市役所では、北側の市民交流広場を整備中で、その間、市民駐車場を地下に移しました。議員の駐車スペースも少しあって、出入りする車を整理するため、地下に何人もの警備員さんが配備されるようになりました。

地上以上に冷え込み、ときには強い風も吹き込む、厳しい環境です。それに、きっと排気ガスのことも心配しながら仕事をされていることでしょう。いつも申し訳ない気持ちだったのですが、暖かくなった今日は防寒着を脱いだ姿を見て、少しホッとしました。

言うまでもなく、警備の仕事は民間業者に委託しています。委託先は入札で決めるので、委託企業間の価格競争が激化して、働く人たちの労働条件の悪化が見られます。これを防止するために「公契約条例」を定めている自治体もあり、日本弁護士会などが法整備を求めています。

今議会に、共産党市議団が「公契約法の制定を求める意見書」の提案を試み、私も賛成するつもりだったのですが、可決の見込みが得られないので取り下げられました。公正な労働基準を確保することは国や自治体の責務なのに、残念です。

明日は最終本会議です。