6月27日 (火)  日中はほぼ曇り空。湿度が高く、28℃の不快指数は大です。夜は雨に…。

昨日の日記に書き切れなかったことが二つあります。その一つは、「職員の政治的行為制限条例」についてのこと。大阪維新の会が違法性のある「立法事実」として挙げた「市職労ニュース」の記述は、都構想や維新政治への批判です。「共謀法」を持ち出して自民党の気を引こうとしましたが、自民党議員の判断は賢明で、「中身が気に入らないからと言って、違法だとは言えない」と一蹴しました。
言い換えれば、維新の会の条例制定の狙いは、自分たちを批判する意見を封殺すること。そんな「憲法違反条例」は直ちに否決すべきだと、私は思っています。

●やっぱり必要な「議員報酬の減額」
もう一つは、議員報酬の減額特例条例についての議論の際、私が議案への質疑や討論を通して一貫して主張、提案していることです。
@人(「凡人」というべきかもしれませんが)は誰しも、本音は自分の収入は1円でも多い方がよいと思っている。しかし、堺市議会議員として今自覚すべきことは、政務活動費不正事件などが続き、市民への責任の取り方としても報酬減額を考えるべきである。
A人口規模が堺市よりも大きい大阪府や大阪市の議会議員が大幅な減額措置をとっているのに、堺市議会だけが減額しないことは、市民の納得を得られることではない。
B議員報酬の額の妥当性は「理屈」で論じることはできない。市民の思いを推し量る「政治的感性」が私たちには求められているのではないか。
Cこれらのことを全議員、各会派が理解し、相互に調整して、可決できる「減額案」を早急に練り上げ、実際に報酬削減を実現するべきだ。
とは言え、残念ながら私は一人「会派」。堺市議会の水面下で、会派間の調整などを仕掛ける立場にはありません。余談ですが、本会議が終わってからのトイレで立ち話はしました。たまたま一緒に小用を足すことになった某会派の幹部に、「前回も一致できた5%減額くらいでまとめられないのですか」と水は向けておきました。

■夕方、北花田駅前でリコール署名活動
2週目に入ったリコール署名。今日は夕方の北花田駅前です。休日と異なり、皆さんが帰宅をお急ぎの様子でした。中には、「ああ、7万枚のチラシを配ってなかった議員のこと? まだ辞めてへんのですか!」とおっしゃる方も。応対した受任者は、「テレビでさんざん報道された議員がリコール対象だと結びつけるような宣伝活動が必要」と思ったそうです。
ともあれ、怒りに声は広がっているようで、「家族や近所の人の署名も集める」とのお申し出があって、私自身は3人の方に署名簿を持ち帰っていただきました。終了予定の7時ぎりぎりに雨。今夜は、お天気も運動を応援してくれているようでした。

▼最終本会議討論で使用の1コマ ▼北花田駅前での署名活動 (画像クリック→拡大)

2418-1.jpg 2418-2.jpg