Diary 2016. 10
メニューに戻る
10月21日 (金)  鳥取県で震度6弱の地震。当時居た堺市堺区では震度3で、揺れました。

地下鉄・北花田駅BC出入口で議会報告。私は入口から少し離れた東側歩道でスピーチしました。トキハマ線のオーバーパス構造物があるのですが、その南端になるこの位置だと反対側路上のスピーカーにもワイアレスマイクの電波が届きます。

駅前報告の終了後に登庁。10時30分から百条委員会の委員協議に臨みました。続いて、11時30分からは百条委員会を開催して、10月28日に再喚問する黒瀬大証人から提出されたインターネット中継や映像撮影禁止の申し出について審議しました。

●秘密会を予定しているのに、黒瀬証人は撮影・ネット中継を拒否
前回の証人喚問の折にも、維新、公明、自民が「完全公開」に反対して、宣誓以後の撮影やネット中継は禁止となっています。黒瀬証人は同様の扱いを求めたのですが、今回は同証人が主張する「第三者のセンシティブ情報」は尋問項目にありません。また「プライバシー」に属する住所や連絡先の尋問は秘密会(傍聴者・マスコミは退室)とすることにしていますから、その部分は撮影もネット中継も行われません。ソレイユ堺の渕上議員、共産党の岡井議員、それに私は、それらの理由を根拠として「秘密会以外の部分は全面公開とすべきだ」と主張しました。しかし、自民党、公明党、維新の委員が「前回どおりでよい」としたため、私たちの主張は今回も多数決で否決されました。

●「市民が納得する発言をするだろう…」と、公明党委員の含蓄ある主張
なお、「前回どおり」と述べながらも公明党の成山委員は、「今回の申し出は、(黒瀬証人が)百条委員会に対してどう思っているかが気になるし、真摯さに欠ける。審議の流れからみてそんなことは聞かないのに、プライバシー、プライバシーと並べているが、それはないんじゃないかと思う。しかし、これだけの文言で要望書を出したんだから、きっと市民が納得できる発言をするんだろうと理解している」と発言。また、維新の黒田議員も「成山議員に同感だ」と述べました。これら2人の委員の思いを、黒瀬証人が素直に受け入れてくれることを期待するばかりです。

●証人尋問を行う百条委員会は、10月28日午後1時〜
ともあれ、次回の百条委員会は、10月28日(金)午後1時に開会します。冒頭、これまでの開催経過について小堀副委員長が報告。続いて、印刷・配布業者である吉田誠也・吉田裕美子両証人の出頭請求に向けた対応状況を議会事務局が説明します。その後に、黒瀬大議員の再尋問を実施。雲隠れ状態の両吉田証人の所在を質します。黒瀬尋問では実際に住所などを聞く部分だけが秘密会となりますが、その他の尋問は傍聴が可能です。また、委員会の最後には、今後の進め方について田渕委員長が所感表明を行うことも予定されています。

2144-1.jpg 2144-2.jpg



10月20日 (木)  昨夜は激しい雨だったようですが、朝から晴れて25.3℃。まだ真夏日…。

沖縄の人々を侮辱する差別的言辞が、大阪府警の機動隊員から飛び出しました。いまどき、しかも公務員が市民に向かって「土人」「シナ人」と攻撃するなど、信じられない映像がテレビニュースで流れています。その上、松井大阪府知事が、「出張ご苦労様」のツイッター。9月の議会でも緊急質問した、沖縄への無理解と身勝手な偏見に強く抗議します。

沖縄タイムスによると、日本維新の会沖縄総支部も、同党代表でもある松井一郎氏に対する抗議文を発表したそうです。同紙は、「役所の窓口で職員が市民を傷つける対応をしたときに首長が『ご苦労さま』と言うか。『市民の心を傷つけるようなことを発言してはならない』と言うべきだ」とも指摘し、松井氏のツイッター投稿に「激しく抗議する」とした…と報じています。

※沖縄タイムス記事 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161020-00067429-okinawat-oki

2143-1.jpg



10月19日 (水)  さらに暑くなって26.3℃。我が家のキンモクセイが芳香を漂わせてます。

南海・白鷺駅前で議会報告。乗降される方の数はそう多くないのですが、「議員活動報告」を受け取って下さる方の比率が高い駅です。スピーチを始める前、エレベーター内で「お陰で助かりました」と声をかけられ、恐縮しました。同駅のバリアフリー施策について議論したのは、2008年の9月議会。駅外エレベーターの早期設置を求め、実現できたのは2010年8月でした。

午後から登庁して、議会事務局などと打ち合わせ。また、放課後子ども支援施策をめぐってご相談を受けた保護者と市教委との話し合いに同席しました。


10月18日 (火)  東京も天気が回復して、25.3℃。昨日はコート姿の人も見かけたのに…

議運視察の2日目は、東京駅近くのビルにある早稲田大学マニフェスト研究所を訪問。同研究所顧問の北川正恭名誉教授と事務局長の中村健講師のレクチャーを受けました。

まず、中村事務局長から、同研究所が毎年行なっている議会改革度調査の指標などについて説明があり、「全国7位」とされた堺市議会でも、「市民参加」や「議長選挙」などの面で劣っていることが示されました。常任委員会の課題として「所管事務調査が行なわれていない」との指摘もあったのですが、堺市議会の場合は6つの特別委員会を設置し、それぞれが市政課題についての調査や政策提言を行なっていることを、私から説明しました。なお中村さんは、27歳で徳島県川島町(合併して吉野川市)の町長を2期務めた人です。

続いて北川顧問が約1時間の講演。開口一番、議員に頼まれカメラを構えている事務局職員の行為に苦言を呈され、「これが、議員と事務局の関係で悪いこと」と厳しい指摘がありました。その後も、「現職でなくなったから言えるが…」と断りながら、次々の改革の課題を語り、住民代表である議会こそが「地方政府」の推進役になるべきだと力説。そのために改革を推し進め、住民の支持を得られるような議会運営を実現してほしいと語りました。また、東京都や新潟県の知事選に触れ、政権政党による組織選挙を打ち破る市民の力がネット情報を介して結果を生んでいると分析。

2141-1.jpg 2141-2.jpg



10月17日 (月)  昨夜来の雨が出発前に上がり、主張先の東京で小雨が降り止みました。

議会運営委員会の視察で東京都町田市へ。視察テーマは「議会改革」で、タブレット端末の活用などの取り組みについて、議会事務局長の説明を聞きました。なお、同市議会では、委員会での発言時間制限はなく、2日間の日程を組んでいます。会議時間も深夜の及ぶほどの議論をしているとのこと。また、議会開催のポスターを市内バスにを掲示するなど、市民へのPRにも努めています。
なお、委員会の傍聴席は30席を用意。傍聴に来た人がそれを上回ったときは、委員会室に入れるだけ席数を増やすとのこと。堺市議会では、スペースが充分にある百条委員会でも、傍聴席を増席しようという私の提案が議会運営委員会で否決されました。「視察」は成果を生むでしょうか。

2140-1.jpg 2140-2.jpg



10月16日 (日)  午後から雲が出て、夕方に小雨。それでも25.4℃で半袖Tシャツを着用。

早朝、新堀町・蔵前町の集合住宅にお届けした「議員活動報告」は1079部。午後は、野遠町と八下北の全域を4時間10分歩き、737部を配布しました。


10月15日 (土)  爽やかな秋晴れが続きます。今日は、先週延期となった孫の運動会。

一昨日、維新・小林よしか議員が大量の名刺印刷や、市政報告チラシの印刷・配布を発注したという業者の証人喚問が決まりました。百条委員会の開催間隔が開いたこともあって、少し記憶が薄れています。証人尋問に備えて、これまでの資料の再読み込みを始めました。


10月14日 (金)  ボブ・ディランにノーベル文学賞。青春時代を回顧しつつ、同い年に拍手。

地下鉄・中百舌鳥駅@A出入口で議会報告。自転車で通りかかった女性から「家に入っていたのを読みました」と激励をいただきました。協力者による各戸への配布も進んでいるようです。遅くなりましたが、ホームページにも掲載しました。

さて、今日は「第23回議会力向上会議」が開かれました。議案審議などをめぐる委員間討議の活発化を議論し、試行を続けることを確認。また、本会議での会派の「代表質問」制度も、2月議会で試行してみることになりました。
さらに、政務活動費について検査員(弁護士・大学教授)から提出された「所感」で指摘を受けていることについて議論。高額物品の購入、議員任期を超える物品の残存価格、事務所や自動車の維持補修費、定額旅費の見直しなど、具体の改革を迫られています。富山市議会はじめ、全国各地でまたまた不正支出が露見しており、次回には正副座長による「改革案」が示されることになりました。

2137-1.jpg 2137-2.jpg 2137-3.jpg



10月13日 (木)  最高気温21.0℃。琉球アサガオの花柄が1日では落ちなくなりました。

午前10時から、第12回百条委員会。昨日から堺に滞在している越川市川市議も傍聴されました。今日の委員会では、まず、10月28日(金)午後1時に黒瀬大議員の再喚問を行うことを決定。続いて、印刷・配布業者である吉田誠也氏の喚問を11月11日(金)午前10時、同代表者の吉田裕美子氏の喚問を同日午後1時に行うことも決めました。ただし、両吉田氏は登録された住所地に議会事務局職員が3回訪問しているのですが、現段階では返答がありません。このため、28日の黒瀬議員の再喚問で所在の証言を求めることになっています。
もしも黒瀬議員の証言で所在が確認できた場合は、両吉田証人の喚問日は変更される可能性があります。また、所在確認ができない場合は簡易裁判所に「公示送達」の申立をし、出頭しなかったら地方自治法の規定に基づいて「告発」を検討することになります。


10月12日 (水)  13.5℃〜23.5℃で、快晴。今日も、とても爽やかな日が続いています。

朝は、地下鉄・北花田駅@A出入口で議会報告。午後から登庁して、各部局からの報告を受けました。また、千葉県市川市議会の越川雅史議員が来訪され、同市議会百条委員会に関する情報を得ながら意見交換。

なお、夜は総合福祉会館で催された「図書館について市長と語ろう」の集会を、越川市議も誘って傍聴。閉会後、集会に参加していた渕上猛志堺市議を交え、夕食を共にしながら意見交換は深夜に及びました。

2135-1.jpg 2135-2.jpg



| 1 | 2 | 3 | 4 |
2016/10
SuMoTuWeThFrSa
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     

前月     翌月