Diary 2016. 2
メニューに戻る
2月19日 (金)  「雨水」らしく、気温は13.7℃まで上がりました。明日は、崩れるようです。

今日の議会運営委員会は、2月23日に開会される「2月定例会」の議事運営などを協議するのが目的です。自民党から大阪戦略会議条例の関する議案修正、また、大阪維新の会からは議員報酬の20%削減と個人情報流失事件に関する百条委員会設置決議の提案意向が示されるされるなど、2月議会ではいくつもの論戦の展開が予想されます。

●意外だった、百条委員会の傍聴席増設への対応
議運で最後に議題となったのは、小林・黒瀬両議員に関する百条委員会の傍聴席の増設問題です。堺市議会では、「議事運営に関する要綱」で「委員会等の一般傍聴の定員は10人とする」と規定しています。通常の常任委員会などでは、委員のほかに答弁や説明にあたる数十人の市職員が入室するため、傍聴席は10席ほどしか設けることができないからです。
しかし、百条委員会では議会事務局以外の職員席は不要です。下左の写真は2月12日の百条委に傍聴者が入室される前に撮影したもの。仮に、委員席と仕切っている机を少し前に出せば、さらに10席程度の椅子を並べることが可能なスペースがあるのです。
他方、ほぼ毎回、傍聴希望者は10人を上回り、抽選に外れた方は隣室の「モニター傍聴」で我慢していただいているのが現状です。下右の写真は12日の百条委の模様をライブで伝える毎日放送の画面で、モニター傍聴室もほぼ満席状態にあることを報じています。このような事態に鑑み、希望される方を1人でも多く傍聴可能とするように議事運営要綱の弾力的運用ができないかと考え、百条委員長から今日の議運での協議を求めたのです。

●「証人のプライバシー、人権が脅かされる」と反対する維新・池田議員
堺市議会は、早大マニフェスト研の調査で「議会改革・全国第3位」と評価されたことを誇っています。スペースがあれば傍聴席を増設することなど誰も異議を唱えないだろうと思っていたのですが、見込み違いでした。大阪維新の会の池田克史議員が、「証人への配慮、プライバシー、人権に配慮して傍聴席の増設に反対」と強固に主張したのです。
そこで私は、「傍聴者が10人から11人増えたら、どのような人権侵害が起こるのか」と質問。池田議員が答えないので、「改革、リセットを叫ぶ維新の会の政治姿勢に疑問を感じる」と批判しました。ともあれ、今日の議運では公明党委員も百条委だけを特別扱いすることに躊躇する見解を示したこともあって、次回以降に改めて議論することとしました。

1877-1.jpg 1877-2.jpg 1877-3.jpg



2月18日 (木)  朝はよく冷えて−0.1℃。もっとも、午後には10.3℃となり、明るい光も…

午前中は事務所で仕事。午後から登庁して、財政部や市教委管理部などの報告を受けました。また、美原区役所、人事部、議会事務局などに調査を依頼。明日の議会運営委員会から、2月定例会がスタートします。


2月17日 (水)  5.6℃〜8.5℃。午前中は晴れていたのに、時折小雨で不安定な天気…

今日は、竹山市長の定例記者会見がありました。市長公室長からの報告によると、平田議員と小林議員の政務活動費に関して記者から質問され、次のように答えたようです。
【平田議員】具体的な事案について理解しているわけではないが、平田議員はしっかりと説明責任を果たすべきだと思う。 政務活動費の返還への対応について、収支報告書の訂正が届いた時点で検討するが、全額返還するのであれば、早く返していただもいいと考えている。
【小林議員】小林議員は100条委員会において、周知の事実まで証言を拒否されていたと思う。もう少し説明責任を果たしていだきかった。


2月16日 (火)  朝2.4℃で、最高気温も6.6℃。寒さが戻って、花粉症も幾分か軽減?

平田議員の政務活動費返還は昨夜からテレビニュースとなり、朝日以外の各紙も朝刊で報じました。今日のテレビニュースでは平田議員本人が取材に応じる映像もありましたから、テレビカメラから逃げ回っていた小林よしか議員とは対応の異なりが感じられます。とは言え、「指摘によって改めて調べたところ充当できないものがあって、道義的責任を果たすために返還する」など、断片的に伝えられる平田議員の言い分だけでは市民の皆さんは納得されないでしょう。


2月15日 (月)  朝8℃の気温がどんどん下がり、お昼前の登庁時にはアラレも降りました。

朝日新聞夕刊に、自民党・平田大士議員が政務活動費を返還するとの記事(下)が掲載されました。「毎月発行した」として支出した広報紙の印刷代や配布費用など199万円余りを取り消す意向だそうです。今月5日に住民監査請求が提出されて対応したようですが、またまた市民の皆さんから大きなお怒りを受ける事態となりました。
なお、記事では「12日、市議会議長に書面で199万円全額の返還を伝えた」とあるのですが、実際には10日だったようです。すでに5日を経過しており、いまだに公式説明をしていない議長の対応の遅さも気になります。いずれにせよ、まず平田議員がきちんと説明責任を果たすことが第一。事情によれば、進退についても相当の覚悟をしてほしいと思います。ここ3年、政活費をめぐる不祥事が後を絶たない事態について、堺市議会は早急に対策を講じなければなりません。

なお今日は、市民の方からご相談があったことについて、上下水道局と協議。また、別件の調査事項についても説明を受けました。

1873-1.jpg



2月14日 (日)  自宅を出る際、コートは不要と判断したのですが、福岡では冷たい風が…

昨年12月18日、福岡県飯塚市議会が政治倫理条例を改正し、議員の資産公開制度を廃止しました。「制度が形骸化している」との理由で条例の肝を抜き去った議員たちの暴挙に、飯塚市民の怒りを声が高まっています。今日午後、「12.18を忘れない!政治倫理条例の資産公開を考えるシンポジューム」が開催されたので、ほぼ30年ぶりに飯塚市を訪ねることにしました。

条例改正は、12月定例会の最終本会議に14議員が提案。委員会付託をすることもなく一気に可決するという早業です。反対したのは、公明党4人、共産党2人、無所属2人の8人だけ。急を聞いて傍聴席に駆けつけた市民から、「恥知らず」の声が飛んだそうです。
飯塚市議会が政治倫理条例を制定したのは1986年。堺市の条例制定を聞いた市民の皆さんが83年に請願署名を集め、県立高校跡地をめぐる汚職事件を契機に制定に至りました。まさに嚆矢となった飯塚市での制定以後、政治倫理条例は九州各地に広がり、現在、福岡県内60市町村のうちで未制定は2市3町1村だけです。条例内容もどんどん進化しました。

●「資産公開は政治倫理条例の大黒柱」(齋藤文男さん)
シンポでは、政治倫理・九州ネットワーク代表の斎藤文男さん(九州大学名誉教授)が講演。開口一番、「飯塚というのは、詰まらん議員のいるまちですね!」と強い怒りを表明した上、市議会の行いは「市民に対する謀反だ」と語りました。さらに、「資産公開は政治倫理条例の大黒柱。これをなくして条例は成り立たない」と述べ、「まだ報道されていないが、政治倫理審査会の規定も改悪して、機能させないようにした」と市議会多数議員による改正のねらいを論評。そして、「県内各自治体の条例と比べれば最低ランクだった飯塚市の条例の復活を求めるのではなく、この際、もっと進化した理想的な条例の制定を実現する市民の運動が必要だ」と強調されました。
講演終了後、30年前に条例制定運動に取り組んだ市民グループの代表だった有松賢作さんらの呼びかけで、「資産公開を考える会」の設立が提案され、運動が始まることになりました。

1872-1.jpg 1872-2.jpg



2月13日 (土)  朝から小雨、夕方にやや激しい雨もありました。気温は10.8℃〜16.9℃。

長年、ボランティアとして文化活動に貢献されてきたMさんがケガをされたと聞き、お見舞いに伺いました。帰路、また別の市民活動に携わっておられるHさん宅に立ち寄って、パワーポイントスライドの作成についてアドバイス。
私が最初にパワーポイント作りに挑んだのは、2010年11月の桃山学院大学での講義のためでした。以来5年余り、議会での質問でも多用するようになって、少しずつ工夫を増やしてきました。


▼桃山学院大学での講義風景(2010.11.11)

1871-1.jpg 1871-2.jpg



2月12日 (金)  4.6℃〜16.2℃。朝は晴れていたのですが、ずっと曇り空。百条委員会も。

●倫理条例制定議会以来のテレビ中継
午後1時から始まった百条委員会は、証人として出頭した小林議員の要請による休憩もあって、5時すぎまでかかりました。やはり、証人尋問への関心は高く、たくさんの傍聴者があって、隣室のモニター席まで満席状態でした。
また、委員会室には在阪テレビ各社のカメラが並び、中継用の機材も設置されていました。毎日放送と関西テレビは、番組中に現場からの「LIVE」映像が流れたようです。私の記憶では、堺市議会の生中継は、市民の直接請求で政治倫理条例が制定された1983年以来のこと。

●小林証人は、21回の証言拒否
委員会での尋問に対して、小林議員は「市長のの刑事告訴による訴追をうける可能性がある」として、21回にわたって証言を拒否。うち15回は、証言席の後方に控える補佐人(弁護士)と相談の上です。
証言拒否は予測されたことではありますが、あまりに多用するので、取材陣もあきれ顔。例えば、事務所に届けれたチラシ約1万枚を「駅前等の街頭とポスティングで配った」というので、「では、どこの駅で配ったか」「ポスティングはどのエリアで行ったか」との尋ねると証言を拒否しました。

●説明責任を果たさない姿は全国へ
また、尋問に対して「それは黒瀬(氏)に任せていた」「黒瀬(氏)がやったと思う」と、自身の関与を隠そうとする証言も多く、小林議員が説明責任を果たそうとしていない姿が浮き彫りになりました。このような百条委員会の様子はTBSの「News i」、テレビ朝日の「ANNニュース」、フジテレビの「直撃LIVEグッディ」でも全国放送されています。

※TBS「News i」 http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye2701724.html

●百条委員会の今後
今日、小林議員が証言拒否した21項目について、その拒否理由が正当であるかどうかは、次回の百条委員会で審議し、正当でないと認定すれば再尋問を行います。ただし、2月23日から2月定例会が始まるので、開会はしばらく後になりそうです。


▼毎日放送の現場中継     ▼関西テレビの現場中継     ▼読売テレビ「ニュースten」

1870-1.jpg 1870-2.jpg 1870-3.jpg



2月11日 (木)  今朝はよく冷えて0.0℃。昼間は11.3℃の好天で、春への風も感じます。

昨日の百条委員会の模様は、毎日放送でも報じられました。ニュースの録画を見ていて、大阪維新の会の議員たちの「身内かばい」発言にあきれました。彼らが絶えず口にする「維新スピリット」とは、「公益よりも私益を優先する」ということでしょうか。

●「証言拒絶権」を口にする池田克史議員
池田克史議員の主張=(小林議員の要望どうりにしないと)「証言拒絶権の行使の機会が増え、マイナスになる。分かっているのにそれをやるのか」
※証人には、刑事訴追などを理由に証言を拒絶する権利があります。報道やネット中継があることは無関係なのですが、維新の会では小林議員に証言拒絶権の行使を促しているのでしょうか。

●「公人」「私人」を逆にする井関貴史議員
井関貴史議員の主張=「小林議員は議員ではあるが、その前に一人の“私人”である。(録音・録画・ネット中継は)小林議員を公開の場で糾弾することが目的ともとられ、人権侵害甚だしいと言われる」
※選挙で選ばれた者なら、本来は「私人である前に公人」と自覚しなければなりません。しかし、維新の会の議員たちは皆、「私人」だと主張して、全面公開の場所では政務活動費に関する説明責任を免れようとするつもりでしょうか。

●明快だった渕上議員の主張
毎日放送では、ソレイユ堺・渕上猛志議員の発言が伝えられました。「公人中の公人である小林議員が、公益性を排除してまで尋問を非公開にしなければならないのは考えられません」
この意見は、自民党の野村友昭・西川良平両議員、共産党の岡井勤・森ョ信両議員、それに副委員長を務める小堀清次議員や私の主張内容にも共有されるものです。それは、市民の知る権利、報道の自由、公職者の説明責任を尊ぶという政治姿勢に基づく当然の結論と言えます。

●化け皮が剥げた維新議員たち
他方、「既成政治をぶちこわす」「改革」「リセット」と威勢のいい言葉を発している大阪維新の会の議員たちは、こと自分たちの仲間のことになると、これほど閉鎖的で後ろ向きの発言しかできません。

■明日12日午後1時〜証人尋問
最悪、「出頭拒否」の道を選ぶおそれもありましたが、小林議員本人は取材に対して、「コメントすることはない」と言い、「委員会に出席予定」だと報じられています。2月12日(金)の百条委員会は午後1時に開会。田渕委員長による主尋問の後、長谷川、岡井、成山(公明)、森、野村、渕上の各委員が尋問予定。長引けば、午後5時まで続けることになっています。


▼毎日放送「VOICE」(2016.2.10)               ▼関西テレビ「ワンダー」(2016.2.10)

1869-1.jpg 1869-2.jpg 1869-3.jpg



2月10日 (水)  よく晴れて、3.7℃〜8.6℃。まだまだ寒い日ですが、春は近づいている?

午前中に、百条委員会の委員協議。また、午後から委員会が開催されました。この委員会では、12日に実施する小林よしか議員への尋問内容などを決定。また、小林議員から提出された「要望書」について議論しました。

●録音録画・インターネット中継を拒否
小林議員の要望書は、証言中に報道機関の録音や録画、インターネット中継を禁じてほしいとの内容でした。百条委員会の証人尋問にあたっては証人の意見を聞いて取材方法などの公開程度を決めることになっており、その「意見」です。

●国会では、拒絶表明でも全面公開
この原則は、国会の証人喚問を定めた議院証言法の規定に準じているため、昨日、参議院の事例を確かめたところ、過去2回、証人から拒絶意向を示されたものの、委員会は全会一致で全面公開を決定。しかも、その証人は民間人でした。

●公職者の立場を自覚してほしい小林議員
市議である小林氏は、言うまでもなく公人です。要望書はその立場を忘れた「わがまま」だと、私は指摘。「政務活動費への疑惑に対する説明責任を果たすため、どこにでも出て来て真相究明に協力してほしい」と強く語りました。

●「議員である前に私人だ」という維新の主張
これに対して、百条委の設置に反対しながら委員となった大阪維新の会3議員は、小林議員擁護の発言に終始。「議員である前に私人だ」と言い、録音・録画などは「人権侵害」と主張しました。
また、公明党は、「要望を受け入れた方が証言が得やすい」との意向を示し、2人の委員が証言中の録音・録画・ネット中継に反対しました。

●自民・ソレイユ・共産・長谷川は「全面公開」
他方、自民党(野村委員・西川委員)、ソレイユ堺(小堀副委員長・渕上委員)、共産党(岡井委員・森委員)の計6人は私と同意見でした。採決の結果、7対5となり、小林議員の証人尋問は全面公開で実施することが決まりました。


▼関西テレビ「ワンダー」

1868-1.jpg 1868-2.jpg 1868-3.jpg



| 1 | 2 | 3 |
2016/2
SuMoTuWeThFrSa
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
2829     

前月     翌月