Diary 2017. 1
メニューに戻る
1月21日 (土)  視る気もしなかった就任演説。朝のニュースでは「選挙演説の続き…」と。

昨日は日記に書き漏らしましたが、朝、三国ヶ丘駅前での議会報告。その後、午前中から登庁して、ご相談事項などについて調べたり、関係部課からヒアリングしました。
ところで、先週17日(火)の百条委員会は小林由佳議員の政務活動費支出に関して、チラシの印刷や配布を請け負ったという業者の証人喚問を試みました。ところが、2人の業者は共に出頭せず、議会事務局職員による再三の訪問や連絡にも応答しませんでした。

●小林・黒瀬両議員の「利益」を主張する、維新・井関議員
証人尋問は午後1時と3時に予定していたため、その待ち時間を利用して、百条委員会の今後の進め方を議論する委員協議が別室で行われました。まず、出頭を拒んだ業者2人について、地方自治法に定める「出頭拒否罪」に基づく告発を行うことを決定。続いて、それ以後の進め方に関して、田渕委員長が「小林議員と黒瀬議員の証言の食い違い、また、アルバイト雇用された人物の証人喚問などの課題がある」と各委員の見解を求めました。
すると、大阪維新の会の井関貴史議員が、「相手方の利益も考えなければならない」と言い出したのです。私が「相手方とは誰のことか?」と質すと、ぬけぬけと「小林議員や黒瀬議員だ」との返答。そもそも、自分の会派に所属し、または所属していた両議員の公金支出に関する疑惑が広がっているのに、それを解明するために設置された百条委員会の委員として言うべきことでしょうか。まあ、本音が出たのでしょうが、私はすぐに、「市民の利益こそ大切にすべきだ」と批判しました。

●明快だった小堀副委員長の発言
ともあれ、井関発言は、維新の会が百条委員会の調査活動をこの辺りで終わらせようとする意図を表明したようにもとれます。そんな雰囲気のなか、小堀副委員長が明快に言い切りました。「われわれは、小林・黒瀬両議員の証言のあいまいさや不十分さを補うために業者の証人喚問を試みた。しかし、結果としてそれは失敗した。だったら、これからどうするかを考えなければいけないのではないか」
百条委員会の委員の再協議は、23日(月)の午後に行われます。本来はこのような協議も公開の委員会で行うべきで、そうすれば維新の会の理不尽な言いぐさも市民の皆さんに知れ渡ることになります。今日は、次の議論に備えて、これまでの資料の再調査に打ち込みました。

2245-1.jpg 2245-2.jpg 2245-3.jpg



1月20日 (金)  今日は天候に不安がある日。寒くて、時々の小雨も…。最高気温は9.7℃。

朝刊で、東大阪市議・飯田芳春さんの逝去を知り、驚きました。政治的な交流はほとんどなかったのですが、ずっと一人会派でがんばっている共通点があり、選挙の応援に行ったこともあります。通夜式にお参りし、奥様のお話を伺うと、いくつかの病と闘いながらも議員活動の手を休めることがなかったようです。市議9期目、66歳でした。謹んで哀悼の意を表します。

2244-1.jpg



1月19日 (木)  時折、陽射しも見える曇り空。風がないので、9.4℃でも暖かく感じました。

今朝は、駅前議会報告の予定がありません。天気も穏やかだったので、午前中から昼過ぎまで野遠町と八下北の全域に「議員活動報告」をお届けしました。歩いているうちにだんだん暑くなり、マフラー、セーターの順に脱いで自転車の前かごへ。配布部数は合計744部。所要時間の4時間10分は前号のときとまったく同じでした。野遠町ではあちこちに新しい住宅地が生まれており、若い世帯の入居が多いようです。そんな所でも、「えっ、本人!」と驚きながら、手を差し出して受け取って下さる方がいます。事務所に戻ってから、建築部、土木などと協議。


1月18日 (水)  事務所出発時、車の温度計は0℃。駅前報告時の気温は今冬最低です。

地下鉄・中百舌鳥駅@A出入口で議会報告。厳しい冷え込みで、配布ボランティアの皆さんの手も凍えそうだようです。申し訳ありません。

●外壁塗材でもアスベスト飛散防止を怠る!!
ところで、今朝の朝日新聞によると、煙突解体でアスベストがれきを飛散させた北部地域整備事務所の外壁改修工事の折、欠損部分の仕上塗材にアスベストが含まれているのに、飛散防止対策が講じられままハツリ工事が行われていたことが判明しました。
写真右はその一部で、写真中の塔屋屋根の右下部分ですから、保育園の園庭に近く、関係者の心配は増すでしょう。ただ、工事が行われたのは昨年6月18日。つまり煙突解体と同日で、その後の大気測定の結果から見ると、測定時点では当該工事も含めて基準値を超えるアスベストを確認できなかったことになります。

●問題は、新聞報道まで事実が隠されたこと!!
とは言え、この工事が実施されたことは、当時の工事業者から9月13日に提出された書面によって市当局は認識していたはずです。にもかかわらず、その事実が公表されずに新聞報道となったのは誠に遺憾です。今朝の朝日新聞は、堺区の市施設(小集会所)の解体工事でも、石綿調査結果が掲示されないまま工事が始まった不手際についても報じています。
そもそも、煙突解体の際に事前検査を怠ったことから、ミスが重なっています。大気汚染防止法違反で、担当職員ばかりか堺市も送検される事態となったことを改めて反省しなければなりません。

2241-1.jpg 2241-2.jpg 2241-3.jpg



1月17日 (火)  百条委で、吉田誠也・吉田裕美子両証人の刑事告発を決定しました。

予定どおり、中百舌鳥駅前で議会報告。午後は、百条委員会に臨みました。ただし、吉田誠也氏と吉田裕美子氏は、今日も共に出頭しませんでした。また、両証人への公示送達については、誠也氏は認められ、裕美子氏は「却下」となりました。却下となった理由は、同氏の住所地のマンション管理組合に賃借人としての届け出ていることが確認されたからのようです。
そこで、百条委員会は、両人の不出頭については「正当な理由がない」と判断し、全会一致で二人を刑事告訴することを決定しました。
ちなみに、地方自治法第100条第3項は、「正当の理由がないのに、議会に出頭せず若しくは記録を提出しないとき又は証言を拒んだときは、六箇月以下の禁錮又は十万円以下の罰金に処する」と定めています。ただし、正式な告発手続きには議会の議決が必要なため、2月議会のいずれかの本会議での正式決定が必要です。

●那須塩原市からの賓客
ところで、百条委員会が終わって控室に戻る途中、本会議場を視察されている一団が目にとまりました。案内する事務局職員が呼び止めたので立ち止まると、視察中のお一人の方が私の姿を見つけて駆け寄って来られ、その方は那須塩原市議会事務局長の渡邊秀樹さんでした。栃木県市議会議長会の事務局長研修で来堺されたそうです。そして、私が4年前に同市議会から招れ、政治倫理条例について話した折のお礼の言葉をいただいて恐縮しました。ちなみに、那須塩原市議会は、その後、全国的にみてもレベルの高い政治倫理条例を制定されています。

2239-1.jpg



1月16日 (月)  1.9℃〜6.6℃。相変わらず厳しい寒さが続きます。大阪市内では小雪も。

下の図は、以前にもご紹介したことがある小林由佳議員(大阪維新の会)の政務活動費不正支出をめぐる相関図です。
当時は「秘書」だった黒瀬大議員が経営する会社(モバロットやオフィスコーヴァ)に発注し、その一部を学生時代からの友人だったという吉田誠也氏またはその家族の吉田裕美子氏が経営する会社に下請けさせたり、発注していた印刷・ポスティングなどをめぐって、さまざまな疑惑が生じています。
明日の百条委員会では、午後1時に吉田誠也氏、午後3時に吉田裕美子氏に証言を求めるべく、出頭を要請しているのです。
ただし、今日までに両氏からの連絡はありません。明日もまた出頭拒否の可能性がありますが、尋問の準備をして委員会に臨みます。テレビ局の取材もあるそうです。

なお、明朝は中百舌鳥駅の南側で議会報告。続いて今週は、18日(水)中百舌鳥駅@A出入口、20日(金)三国ヶ丘駅を予定しています。

▼画像をクリックすると拡大します。

2238-1.jpg



1月15日 (日)  未明に出かける車の温度計は1℃。ほどなく−1℃を表示して帰宅まで…。

冷え込みましたが降雪はなく、早朝、集合住宅をまわって「議員活動報告」をお届けしました。1時間40分で、配布部数は1067部。入口の集合ポストへの配布は効率がよいのですが、中には「チラシお断り」の張り紙があるポストもあります。

さて、今週は17日(火)午後1時から百条委員会が開かれます。前回、出頭に応じなかった印刷・ポスティング業者の吉田誠也氏と吉田裕美子氏に対して、「公示送達」という手続きで再喚問をしています。それでも出頭するかどうかは不明ですが、証人尋問の準備のため、今日は過去の資料を読み返しました。


1月14日 (土)  最強寒波の来襲で、日本列島が震えています。積雪地帯は大変でしょう。

午前中、家族と共に大阪市内へ。お昼過ぎに戻ったのですが、フロントガラスに小雪が舞い降りてきました。何しろ、午前9時の5.7℃が最高気温で、その後は下がるばかり。ほんとうは地域配布に出かけたかったのですが、夕方に市民相談もお受けするので外出を控えました。
ところで、昨夜、「石綿問題総合対策研究会」の第5回研究会で発表する抄録を完成させ、事務局に送りました。この研究会は1月28日〜29日の2日間、東京工業大学の大岡山キャンパス(東京都目黒区)で開催されます。私の発表は、29日(日)9時30分〜11時40分に予定されている「教育・地域の取り組み」のセッションで行い、発表時間15分を割り当てていただきました。発表内容は、「@市施設の外壁改修工事におけるアスベストがれきの飛散、A麻袋再生業に関する石綿健康被害について、B堺市議会・健康福祉委員会での議論」です。

※石綿問題総合研究会 http://www.tm.depe.titech.ac.jp/Asbestos_Research_Group/index.html

※長谷川の抄録は画像クリック

2236-1.jpg



1月13日 (金)  未明に雨。6.1℃ながら風が冷たい朝で、日中も8.5℃の寒い一日でした。

地下鉄・北花田駅BC出入口で議会報告。今朝は、C出入口のある東側路上でスピーチしました。終了後事務所に戻り、残っていた新年挨拶まわりへ。また、午後から登庁して議会事務局などと打ち合わせをした上、これも年越しのご相談案件について相談者と市教委との話し合いに立ち会いました。


1月12日 (木)  5.5℃〜9.2℃。一日の温度差が小さく、ぐんと寒くなったように感じます。

今朝は駅前議会報告の予定がなく、少しゆっくり眠ることができました。10時から、北区役所で開催された「北区教育・健全育成会議」に出席。同会議メンバーと北区選出議員との意見交換会に臨みました。

午後は事務所で、石綿問題研究会での発表に備えてパワーポイントや抄録の作成を開始。その間、3組の来客があって歓談させていただきました。また、昨年からの持ち越しの相談案件について、住民と市当局との話し合いに立ち会うため、午後6時半に北部地域整備事務所へ。

2234-1.jpg



| 1 | 2 | 3 | 4 |
2017/1
SuMoTuWeThFrSa
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    

前月     翌月