Diary 2017. 4
メニューに戻る
4月20日 (木)  今朝は8.3℃で、やや暖かさが後退。しかし、午後には17.2℃で回復へ。

三国ヶ丘駅前で議会報告。いつもは堺市駅に来られる堺区のHさんが、今日はこの駅前でのスピーチ風景を撮影して送って下さいました。

事務所に戻って、明日の百条委員会での尋問準備。午後遅く登庁して、明日の傍聴のために来堺された千葉県市川市議会の越川雅史市議と面談しました。市川市議会百条委員会の副委員長だった同市議と、夜8時半まで意見交換。

2341-1.png



4月19日 (水)  未明に雨。朝も曇っていて心配しましたが、やがて晴れて、爽快な日です。

昨日の百条委員会の決定で、21日に開く委員会での小林・黒瀬両証人の尋問風景の全が堺市議会のインターネット中継で流れることになりました。また、テレビの映像取材も行われますので、夕方のニュースなどでご覧いただくこともできるものと思います。場合によれば、現場中継をされる局があるかもしれません。

※堺市議会インターネット中継 http://www.kensakusystem.jp/sakai-vod/ 

森友学園事件をめぐる衆参両院での籠池氏の証言風景、それに東京都議会での豊洲市場に関する百条委員会の様子が全国的に流れたことを考えれば、誰しも「当然のこと」と考えるのですが、証人となる小林議員と黒瀬議員は、「差し支えがある」と言うのです。

●大阪維新の会のこれまでの対応
小林議員に対する昨年2月の証人尋問は、今回と同じように全面公開で行われました、しかし、同議員が所属する大阪維新の会の委員は、公開に反対する発言をしています。
*三宅委員=本人も告訴状を受理され、人目に出るのを苦しみながら要望書を出している。これを汲み取って、公開を禁止すれば本人も気持ちよく来る。
*池田委員=(百条委員会は)真相究明が目的で、公開することで(証人が)証言拒絶権を行使する機会が増えるとマイナスになる。
また、昨年4月の黒瀬大議員に対する証人尋問では、次のような意見を述べて全面的な公開に反対しました。
*井関委員=小林議員のときの私たちの意見と考え方は同様。委員会の公開性・透明性は大事だが、同時にプライバシーや人権をどういうふうに考えるか、公明党と考え方は同じ。

維新の会は、きっと今回も全面公開に反対したかったのだと、私は見ています。自民党や公明党が、都議会などの状況を勘案して全面公開の立場を取るに至って、自分たちだけが悪者になる道は避けたのでしょう。「改革」を叫ぶ資格もない、自己利益だけの情けない政党です。

さて、今朝は、昨日延期した中百舌鳥駅南側で議会報告。私がスピーチするのは地下鉄中百舌鳥駅E出入口の前ですが、駅前駐輪場の設置に伴って線路との間の生け垣が撤去され、南海高野線の駅ホームからも見えるようになりました。お陰で今日は、いちばん近い難波方面行きホームから声援を送って下さる方がありました。

2340-1.jpg



4月18日 (火)  激しい雨と風が4時半ころまで続いていたでしょうか。その後は快晴です。

午後1時から百条委員会。昨日の委員協議で全員が合意していた、小林・黒瀬両議員への尋問は対質で行うこと、委員長の主尋問の内容、各委員による尋問順序などが正式に確認されました。
その後、21日の委員会における報道機関の撮影・録音とインターネット中継について、委員長が「@開会から証人の宣誓前まで」「A開会から閉会まで」とする2案を示しました。小林証人と黒瀬証人が、「差し障りがある」として提出した「要望書」が読み上げられた後、委員長が各委員の見解を求めたところ、なんと全員が第2案を支持する旨を表明。すべてを「開会から閉会まで」とする全面公開が、全会一致で決まりました。

ところで、今朝は中百舌鳥駅南側で議会報告をさせていただく予定だったのですが、各種警報が出た昨夜の内に明19日(水)への延期を決定。19日に予定したいた三国ヶ丘駅前の議会報告は20日(木)に順送りしました。

2339-1.jpg 2339-2.jpg



4月17日 (月)  お昼前からの雨がずっと続いて、気温は19℃前後で推移しています。

午前中、百条委員会の委員協議が行われました。21日に開催する委員会での小林・黒瀬両証人への尋問方法などについて話し合い、次のことを内定しました。
@尋問は「対質」で行う。つまり、両証人を同時に委員会室に喚問して、それぞれを尋問します。
A尋問順序=田渕委員長の主尋問に続き、小堀副委員長、黒田(維新)、三宅(維新)、芝田(公明)、成山(公明)、岡井(共産)、渕上(ソレイユ堺)、野村(自民)の各委員、最後に長谷川の順で尋問します。
B尋問時間=主尋問を除いて概ね20分。10時〜12時、13時〜15時に行う予定です。

●撮影・録音、インターネット中継は明日の百条委員会で決定
なお、尋問中の撮影・録音、インターネット中継をどうするかは、明日午後1時から開会する百条委員会で決定します。前回の尋問では、小林議員は通常の委員会どおりとし、黒瀬議員への尋問中は停止としました。私は、「この間に実施された国会での証人喚問(森友学園事件の籠池氏)や東京都議会での百条委員会(豊洲移転問題)などでも映像が公開されており、そうすることが議会の責任だ」と主張。明日の委員会で「採決」とodさんが、処分する苗をたくさん持ってきて下さいました。早速鉢に植え替え、昨年いただいて2年目の花を咲かせているプランターと共に事務所前に飾りました。

※日本桜草守(廣田さん)のブログ http://blog.livedoor.jp/naniwasakurasoukai/

2338-1.jpg 2338-2.jpg 2338-3.jpg



4月14日 (金)  9.3℃〜21.9℃。陽射しも強まってり、議会報告の配布では汗ばみました。

地下鉄・北花田駅@A出入口で議会報告。エレベーター前で「議員活動報告」の配布を担当して下さったボランティアによると、「家のポストに入っていた」とのお声をたくさんいただいたそうです。周辺地域への配布は、事務所スタッフの手で一昨日に終わっています。

さて、事務所に戻ってから、金岡町北部の残り地域を1時間40分歩いて362部を配布。また、午後から中村町に入って、2時間25分で388部をお届けしました。

ところで、昨日と今日の地域配布の配布部数と所要時間を比べるため、1分当たりの配布枚数を調べてみると、それぞれ地域の特性が感じられます。
いちばん早く配れたのは、昨日の金岡町北部の西側地域で、1分当たり5.7部。大半が区画整理された土地に戸建て住宅と集合住宅が混在する地域です。
2番目は今日の午前中に配布した金岡町の東側で、1分当たり3.6部。この地域では旧集落とその空き地を利用した住宅開発が混在しています。
もっとも時間がかかったのは午後からお届けした中村町で、1分当たり2.7部。大部分が旧集落で構成され、戸数の割に地域も広いようです。

通常、地域配布には自転車で出かけます。停車した場所から一筆で歩いて元に戻るようにコースを設定すると、もっとも効率的にお届けすることができるのです。ところが、中村町の場合などは「行って戻る」という道路事情の所が多いために時間がかかります。

ともあれ、こうして歩いてみると地域の実情がよく分かります。それに、配っているのが本人だと気づいて下さった方からは、しばしば「楽しみにして読んでいます」とのありがたいお言葉もいただけるので励みになります。


4月13日 (木)  久しぶりの快晴です。しかし、朝は5.5℃と冷え、午後17.7℃にまで上昇。

地下鉄・新金岡駅C出入口で議会報告。天候の都合で2度にわたって延期しているため、「もう、自宅で読んだ」とおっしゃる方が多かったようです。
事務所に戻り、今日は金岡町の北部地域に「議員活動報告」を配布。長曽根町と入り交じる西側から配り始めて、およそ半分くらいの地域にお届けできたでしょうか。2時間で683部。


4月12日 (水)  予報は「晴」だった朝、何度か小雨が…。その後も曇り空が続きました。

今朝は、地下鉄・中百舌鳥駅@A出入口で議会報告。雨の予報はなかったので安心して出かけたのに、途中から小雨。出勤される方々の多くも雨具を準備されていなかった様子です。持ち合わせていたポリ袋を4台のスピーカーにかぶせて、スピーチは続行。3月末に購入したピンマイクも快調です。そのうちに雨は降り止み、予定どおりの時刻まで続けることができました。

事務所に戻って、お昼前から南花田町の残り地域と蔵前町3丁の各戸に「議員活動報告」を配布。2時間20分歩いて、513部をお届けしました。その後、一休みしてから新金岡町5丁の残り地域へ。こちらは1時間40分で387部です。

ところで、ご自宅近くに配布して下さる活動報告を受け取りに来られた方から、事務所前に咲いている花の名を尋ねられました。どなたかから球根をいただいて今年初めて姿を見た花なので、調べてみると、「スノーフレーク」(和名=スズランスイセン)でした。

2333-1.jpg



4月11日 (火)  予報では「6時から雨」だったのですが、4時頃から終日続くことになりました。

今朝の雨は、昨日から予報されており、新金岡駅C出入口での議会報告は、再度の順延です。3日連続の早起きは少々つらいのですが、13日(木)に入れることにしました。
午後から、21日の百条委員会での発言予定者による協議が開かれたので登庁。発言者は、主尋問を行う田渕委員長のほか、小堀副委員長、ソレイユ堺の渕上委員、自民党の野村議員、共産党の岡井議員と私。それに、なんと、大阪維新の会の黒田・三宅両委員も尋問項目を委員長に提出しているので、驚きました。

●維新の会が「尋問したい」という陳腐な質問内容
さて、その尋問内容は、黒田委員=「@政務活動費の使用にあたり、指揮系統はどうなっていたのか? A政務活動費で雇用していた人がどこで何をしていたか記録はあるのか?」。三宅委員=「100条設置(原文のママ)して長期にわたるが、どのように考えているか?」。
黒田委員が「小林議員を尋問したい」というので、「これまで維新という政党で調査してきたことではないか」と私が質すと、「公の場でやりたいのだ!」と言い出しました。裏を返せば、維新の会が小林議員に対してる“形だけの処分”(党員資格停止3か月)をしたのは、そんなことも確かめないいい加減な調査に基づくものだったということです。
三宅議員の尋問事項に至っては、市民の皆さんが大阪維新の会に対して、それこそ「あなた方が回答してほしい」と思っていることではないでしょうか。4月21日には、当事者意識を全く持ち合わせていない維新の会両議員の陳腐な“尋問”に、ぜひご注目ください。


4月10日 (月)  今朝は7.1℃。このところなかった冷え込みで、コートを着用して駅前報告。

地下鉄・北花田駅BC出入口で議会報告。私は西側路上に立ってスピーチしたのですが、そのせいかB出入口で「議員活動報告」を受け取って下さる方が多かったようです。
事務所に戻って、21日の百条委員会で小林・黒瀬両証人に尋問する内容の準備。午後から登庁して、尋問予定事項を議会事務局に提出しました。


4月9日 (日)  午前中は雨が残り、午後は曇り空。気温は16.3℃〜19.1℃と暖かでした。

昨年、日本桜草栽培家の廣田友重さん(堺区在住)からいただいた桜草の処分株をプランターや鉢に飾り、そのままにしていたら、花が咲き始めています。昨日訪ねてきた廣田さんに、「これまで咲いたことがないのに、今年はどうしてですか?」と尋ねられ、答えに窮しました。とりわけ何をしたわけではありません。あえて言えば、比較的日当たりのよい場所にずっと置きっぱなしにしていていました。そして、冬の間は何もなかった土に春先から生えだした雑草を丹念に抜き、桜草が芽を出すのを期待してはいたのです。

さて、今朝は早く目覚め、まだ雨が残っていたので車で集合住宅をまわって、「議員活動報告」を届けました。1061部を配布。また、雨が上がった午後、ポストが乾くのを待って、新金岡 町5丁の東側地域を歩き、488部をお届けしました。

ところで、今週の駅前議会報告は、10日(月)北花田駅BC出入口、11日(火)新金岡駅C出入口、12日(水)中百舌鳥駅@A出入口、14日(金)北花田駅@A出入口を予定しています。

2330-1.jpg



| 1 | 2 | 3 |
2017/4
SuMoTuWeThFrSa
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      

前月     翌月