Diary 2016. 2
メニューに戻る
2月9日 (火)  朝から小雨。気温も7.2℃と高く、午後は10.5℃でしたが、冷たい風が…

午前中、「子どもと女性が輝く社会実現調査特別委員会」に出席。午後から、自転車まちづくり部、学校管理部、社会福祉協議会などと協議しました。
ところで、先日のワイドショーでも、1月27日に竹山市長が小林よしか議員を刑事告訴したことが報じられましたが、市当局からの報告によると、「2月8日付で受理」された旨、昨夜、大阪府警から連絡があってとなったそうです。告訴内容の有印私文書作成・同行使と詐欺罪について、府警の捜査が開始されることになりました。

●小林議員に対する百条委員会の証人尋問は…2月12日(金)午後1時〜
なお、小林議員に対しては、市議会の百条委員会が2月12日に出頭を求めており、午後1時から証人尋問を行います。その際、証言中の撮影・録画、インターネット中継については証人の意見を聞いた上、委員長が委員会に諮って決定することになっています。
これは、国会の議院証言法に準じる措置であるので、念のために参議院の委員会部に電話して事例を確かめたところ、担当の方から丁寧な説明をいただきました。証人が撮影等を拒否する意向を示した事例は過去に2回あったそうです。しかし、そのいずれの場合も委員会は全会一致で撮影・録音を許可する決定をしているとのこと。明日(10日)1時からの百条委員会で議論になれば、この国会事例に基づくことを主張するつもりです。ご注目ください。


▼TBS「ビビット白熱ライブ」(2016.2.4)

1867-1.jpg 1867-2.jpg 1867-3.jpg



2月8日 (月)  今朝は−0.3℃と、また厳しい寒さに戻りました。しかし、午後には9.5℃に。

午前中、豊中市内での所用を済ませて昼過ぎに登庁。掲示板に書き込みがあった「コミュニティサイクル」に関するご指摘などを担当課に伝えました。さらに、健康福祉局などから調査報告を受け、議会事務局とも協議。


2月7日 (日)  3.2℃〜7.5℃。暖かくなったと思ったのに、意外にも午前中に「みぞれ」。

今日は、事務所で市政報告会です。参加者は、北区だけでなく、いつものように南区、堺区、美原区と遠くから足を運んで下さった方もありました。それに、初参加の方が3人あって、その一人は大学1回生で18歳。駅前議会報告でも「議員活動報告」を受け取ってくれる高校生が増えたように感じましたが、若い人たちの参加はとてもうれしいことです。
なお、今日の私の報告では、前回報告会以後の活動状況をまとめたレジメ と、100条委員会の提案理由説明で使ったパワーポイントに委員会開催状況のスライドを補足して準備しました。1時間ほどのスピーチの後、参加者の皆さんの質問や意見を伺いながら懇談。初参加の方は、いずれも「議会報告のチラシで興味を持った」と発言されました。もっとも、この参加動機は、時期こそ違えほとんどの参加者が共有されるものです。
ちなみに、「議員活動報告」は6万5千部を印刷し、北区のほぼ全域に加えて配布協力者のある他区の一部地域、駅前報告の際は隣接する堺区・東区側の入口でも配布。さらに、郵送でもお届けしています。


▼昨秋、ハーベストの丘農産物直売所で買ったカレンデュラが長く花を咲かせています。

1865-1.jpg



2月6日 (土)  4.1℃〜8.9℃。最低気温が上がったせいか、やや春の気配が感じられます。

いつもお招きいただいている私立幼稚園の生活発表会が産業振興センターで開催されました。年少、年中、年長に分かれての三部構成だったので、年中4組の発表を見せていただきました。また今日は、先日誕生日を迎えた妻のために孫たちがやって来て、ケーキを手作り。幼い子どもたちの姿に、心が和みます。

■全国放送になった小林よしか議員の政務活動費疑惑
ところで、小林よしか堺市議の政務活動費をめぐる疑惑ニュースが、昨日、一昨日連続して全国放送で流れ、各地から「号泣県議の不正支出額を超えている」と、驚きの声が届いています。放送したのはTBSとフジテレビのワイドショウーで、いずれも昨年夏以来取材を続けてきたMBSや関西テレビの映像をもとに構成されていました。

▼説明内容の変遷はなぜ?(TBS)
TBSでは、毎回7万部も印刷・配布されたはずの議会報告チラシを見た人がいないという街頭アンケートの結果を報道。夏ころの取材に、小林議員が「ちゃんと領収書も、配布報告書もいただいている」と強弁するシーンも映りました。ところが、記者が業者を訪ねると別人が住んでいたり、電話も「使われていない」とのメッセージが流れるなど不審が拡大。その後、「業者が病気で、印刷・配布されなかった」と小林議員の説明が一転した経過を伝え、百条委員会の証人尋問で小林議員のどのような説明をするかが注目されることを報じています。なお、報道にあたって小林議員に見解を求めたところ、「諸般の事情にてらして、具体的なコメントは差し控えさせていただきます」とのメール返信があったそうです。

▼「徹底追及」を求める市民の声(フジテレビ)
フジテレビの報道も政務活動費に計上した1000万円に実体がないこと、とりわけチラシ配布への疑惑がテーマ。11月2日の議会運営委員会での小林議員の弁明や私の発言が流れました。また、現状に対する二人の市民の方々のコメント映像もあります。お一人は、「やめてほしいですね。そういう方が市議をされているのは好くないですね。税金ですから」。もうお一人は、「平気でそういうことをやってるのはびっくり。徹底的に追及してほしい」とのこと。

■証人喚問は12日、次回百条委は10日
さて、その小林議員に対して、2月12日(金)午後1時からの百条委員会に出頭を求めました。また、尋問内容などについて協議する第5回百条委員会が、10日(水)午後1時に開催されます。ぜひ傍聴にお出でください。インターネット中継もあります。

▼TBS「ビビット白熱ライブ」(2016.2.4)=左    ▼フジテレビ「とくダネ!」(2016.2.5)=中・右

1864-1.jpg 1864-2.jpg 1864-3.jpg



2月5日 (金)  2.2℃〜9.9℃。「暖かくなる」との予報に期待したのですが、さほどでも…。

南海・白鷺駅前で議会報告。駅へのアプローチが5か所あるので、「議員活動報告」をお渡する人手が5人必要です。今朝は、私も北口のエレベーター前でマイクを使いながら配布させていただきました。ともあれ、これで今回の駅前報告は終了。連日、厳寒の早朝にご協力下さったボランティアの方々に心から感謝します。
ところで、その駅立ち中、「これから8チャンネルで小林議員のことが報じられる」と知らせて下さった方がありました。フジテレビの全国放送「とくダネ!」の特集となったようです。上下水道局に立ち寄ってから登庁、健康福祉局や市教委からの調査報告を受けました。


2月4日 (木)  立春ながら、事務所出発時は0℃。午後は9.3℃でやや寒さが緩みました。

二度にわたって順延したJR浅香駅前に立ちました。当然のことながら、「家に配られているのを読んだ」とおっしゃる方が多く、「100条委員会、がんばって下さい」とのお声をたくさんいただきました。なお、今朝8時すぎ、TBSの「ビビット白熱ライブ」で小林議員の政務活動費疑惑が全国放送され、他府県の方からも「見ました」という電話があったそうです。駅前議会報告終了後、事務所に戻ってから登庁。2月定例会に提案される議案の説明を受けました。


2月3日 (水)  朝から晴れて、0.1℃〜8.8℃。風はなかったのですが、底冷えしました。

予定どおり、中百舌鳥駅北側広場で議会報告。昨日のアクション日記を読んで、ボランティアの皆さんも気を遣って下さったようです。今朝は、メンバーは少し変わりましたが、いつもどおりの配布態勢でお届けできました。
午後から、市民相談が2件。いずれも市政執行上、重大な問題をはらんでいるのではないかと思い、すぐさま担当部課に連絡し、報告を求めました。


2月2日 (火)  駅前で活動中、ほんの少し雨粒を感じましたが、その後晴。2.7℃〜8.3℃。

中百舌鳥駅南側での議会報告。この場所では、本来4か所の出入口で「議員活動報告」をお渡しするのですが、今朝は私の連絡ミスで人手が足りず、やむなく南海駅に上がるエスカレーター前では箱の上に置いて無人配布となりました。それでも何人かの方々が勝手に引き抜いて行って下さったようです。また、人が居ないのに気づいて私が立っている地下鉄出入口まで戻ってきて下さった方もありました。
小林議員の自宅(?)に近いせいもあってか、政務活動費や百条委員会のことで話しかけてこられる方々の数も他の駅より多かったようです。それに、「6年間、他市から通っているけど、いつもこの議会報告を読むのが楽しみです」とおっしゃる方もあったとか。皆さんの反応がとても濃い日でした。

午後から登庁して、市民相談に対応。また、市当局からいくつかの報告を受けました。なお、明朝は、中百舌鳥駅北側に立つ予定です。

ところで今日は、総務財政委員会の閉会中審査が行われ、情報流出事件についての質疑が行われました。駅前議会報告から戻って登庁するまでの間、事務所で仕事しながらインターネット中継を視聴。維新の2議員が質問していましたが、新しい事実の指摘もなく、論点の甘い議論にでした。


1860-1.jpg



2月1日 (月)  朝、予報にはなかった雨が降りました。その後は曇り空で、2.6℃〜9.5℃。

駅前議会報告を予定していたJR浅香駅前に着いたら、雨が落ち始めました。配布ボランティアの方々も来て下さっていたのに残念ですが、またまた順延です。このため、今週は毎朝の早起きを覚悟。明2日(火)中百舌鳥駅南側、3日(水)中百舌鳥駅北側、4日(木)JR浅香駅前、5日(金)白鷺駅前のハード日程を組みました。

さて、今日は午前10時から、100条調査委員会です。委員長から、開会前の9時30分に助言を依頼した安生誠弁護士との懇談の場を持ちたいとの連絡があったので、早めに登庁。前回の委員会で議論した「委員会運営の申し合わせ」や「小林議員に証言を求める事項」などについて、弁護士見解が示されました。

●小林議員の証人尋問は、2月12日(金)午後1時〜5時と決定
100条委員会では、まず、弁護士助言に基づいて修正して示された「委員会運営の申し合わせ」と「小林議員に証言を求める事項」の正副委員長案を確認。その後、小林議員への証人出頭を請求する日時について協議しました。
前回の委員会では5つの候補日時を決め、議会事務局が小林議員に打診。しかし、小林議員は「補佐人」の都合から、どの日にも出頭しかねるとの意向だったそうです。今日の委員会では、小林議員から委員長宛に届いた文書が報告され、それによると、「2月12日、16日、18日のいずれか」という出頭可能日が示されていました。そこで、委員会を休憩して委員の日程を調整。2月12日午後1時〜5時の予定で、証人尋問を行うことを決めました。

●維新委員による、理解不能な進行妨害
ところが、再開した委員会で尋問日を決定(全会一致)した後、委員長が小林議員への証人出頭請求を議題とすると、突然、大阪維新の会の池田克史委員が異論を唱え始めました。「市長が刑事告訴し、受理されることが濃厚な段階で本人の出頭拒否も予想されるから、それらのことを事前に協議する必要がある」というのが、その言い分です。
そこで、私は、「小林議員が委員長宛文書を提出したのは1月29日だ。市長が告訴を明らかにした27日の後に尋問への協力姿勢を示しているのだから、粛々と進行するべきだ」と反論。多くの委員も、私の意見に賛意を表してくれました。池田委員はその後も延々と同趣旨の発言を繰り返したため、委員長が採決を宣言。維新の池田委員、三宅委員、井関委員だけが反対したものの、他の全委員の賛成で可決しました。
池田委員は執拗な発言の中で、「せっかく(小林議員を証人として)呼んでも意味がないところがある。捜査機関が入るのが確実視され、証言拒否という事態になれば労力をかけてやるのは疑問だ」とも言いました。もしかしたら、維新の会は、形だけの「党員資格停止処分」も解除した小林議員を守るという立場から、「証言拒否」で臨むという方針を決定したのかもしれません。ならば、どうして尋問日を2月12日とすることに反対しなかったのでしょう。休憩中の協議では、自民党の野村委員が「12日の公務を犠牲にしてもよい」と表明したことに対して、維新の三宅委員が「それなら、18日の自分の公務を休む」とさえ言明したのです。
池田委員の理解できない抵抗は、100条委員会の設置に反対した大阪維新の会が、やっぱり委員会での調査の進行妨害を始めたと思わざるをえないのです。

1859-1.jpg 1859-2.jpg



| 1 | 2 | 3 |
2016/2
SuMoTuWeThFrSa
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
2829     

前月     翌月