Diary 2017. 7
メニューに戻る
7月11日 (火)  朝から晴れ。ほんのわずか陽射しが雲に遮られました。気温は32.3℃。

朝から強い陽射しでしたが、先日の配布が途中までになっている南花田町に「議員活動報告」をお届けしました。余りの暑さに1時間余り歩いて大泉緑地で休憩。都合2時間半で539部を配布したものの、まだ100部余りを残して帰りました。

事務所で休憩していると、百舌鳥方面で配布を担当して下さっている方が来られ、「もっとたくさん配る」とのこと。ありがたくお願いしました。

なお、今日はJR堺市駅前で初めてのリコール署名活動です。5時半からの開始時刻に現地に行き、のぼり旗を立てるのを手伝いました。猛暑にもかかわらず、熱心な受任者の方々がたくさん参加して下さっていました。


2432-1.jpg



7月10日 (月)  朝のうちは曇っていましたが、だんだん厳しい陽射しに…。気温も31.3℃。

お天気がいつ悪くなるかしれないので、明朝に予定していた北花田駅BC出入口での議会報告を1日繰り上げました。
私は、C出入口のある西側歩道でスピーチ。リコール署名台の脇に立っていると、出勤を急がれるのに立ち止まって署名して下さる方があり、また署名簿を持ち帰って下さった方も何人かありました。

なお、今週の駅前報告は、12日(水)北花田駅@A出入口、14日(金)中百舌鳥駅@A出入口を予定しています。

ところで、午後から地域配布に出かけようとしていたら、先般、ご夫君を亡くされたKさんが来訪。労災補償保険の遺族補償年金支給請求書の記入など、手続きのお手伝いさせてもらいました。
しかし、この書面は、わずか5oにも満たない欄に「氏名」「住所」を「フリガナ」付きで記載を求めるなど、常識外れの役人仕事。労働基準監督署に電話して抗議しておきました。


7月9日 (日)  午前中から湿度の高さを感じていたら、午後4時過ぎに激雨。大雨警報も。

雨の気配があったので、朝から新金岡5丁の残り地域に「議員活動報告」をお届けしました。2時間半、曇っているのに汗びっしょりになって、507部を配布。

一休みして、正午から中百舌鳥駅の南側でのリコール署名活動に参加。休日の昼間ですから、人通りはあまりありません。
しかし、各戸配布したチラシに載っている署名日程を覚えておられ、ご自宅から印鑑持参で署名に来られた方、また、すでに署名を済まされた男性がお連れ合いに署名を促されるなどの光景が見られました。

なお、今日は請求代表者の一色若夫さんが初めてマイクを握ってスピーチ。とても感動的な話だったので、途中から、たまたま持っていた録音機に記録しました。

「・・・残りの600万円余りを返して、議員を辞めるのが普通の人間です。ところが『信頼を回復して議員を続ける』と彼らは言っています。どんな形で信頼を回復できるのでしょうか? 何なら、私たちの前に来て公開討論をやりましょう! 出て来なさい。こんな状態のままで放っておくわけにはいきません。私たちはリコール署名という最後の手段をとることにしました。・・・」

長年、中学校で教鞭をとっていた一色さん。正義感と説得力に溢れた話が、きっとご通行中の方の足を署名台に向かわせたのでしょう。 

2430-1.jpg 2430-2.jpg



7月8日 (土)  今日はからりと晴れました。最高気温は31.2℃。炎天下での署名集めです。

朝4時に起きて、新金岡町2丁の集合住宅などに「議員活動報告」を1338部お届けました。帰り道で5丁の集合住宅に50部。小休止後、5丁の各戸に385部、さらに午後3時半から375部を届けしました。所要時間は、2丁=2時間、5丁は午前午後とも各1時間半です。

●北花田駅前でリコール署名
ところで、今日は正午〜2時、北花田駅前でのリコール署名集めを手伝いました。この駅前では3度目の署名活動ですが、参加して下さった受任者が多かったので、交差点の北西角だけでなく、南西角、北東角にも立ってもらって、署名をお願いすることができました。

なお、私が北東角に立っている折、小林議員のチラシ発行について毎日放送が北花田駅で通行者にインタビューしたときに「シュンエイさんのはよく入ってる」と答えた男性とバッタリ。これまで面識のなかった方ですが、信号待ちをされているご当人に確かめ、お礼を申し上げました。

夜は、リコール実行委員会。

2429-1.jpg 2429-2.jpg



7月7日 (金)  午前中に雨の予報もありましたが、降らずじまい。午後からは晴れました。

新金岡駅C出入口で議会報告。いつ雨が降り出すか心配しながら始めましたが、ほんの少し雨粒を感じたものの、降雨には至りませんでした。なお、この出入口でも、受け取って下さった「議員活動報告」の数は、前回より多くなっています。

●中国瀋陽市からのお客様
終了後、事務所に戻って登庁。中国瀋陽市のスポーツセンターで剣道部門の責任者をされている張新玥さんと堺市の国際部、スポーツ部との懇談に同席しました。
張さんは、昨年5月にもご自身が館長を務める瀋陽正心館のメンバーと来堺。堺市内の剣道団体との交流稽古を行いました。今回は、瀋陽市スポーツセンター幹部からの依頼を受け、同市と堺市とのスポーツ交流の実現の可能性を調べることも目的に加えられたようです。
今日の懇談では、スポーツと行政との関係を巡って日中両国に事情の相違があることなども判明。今後、相互理解を深めながら交流実現の可能性を探ることになりました。ともあれ、中国での剣道普及に賭ける張さんの情熱は並々ならぬものです。

2428-1.jpg 2428-2.jpg



7月6日 (木)  福岡・大分で豪雨被害、お見舞い申し上げます。朝倉・日田などは懐かしい地。

新金岡駅AB出入口で議会報告。今朝は雨の気配はまったくありません。しかし、九州地方では豪雨がもたらした大きな被害が出たようで、心配です。

さて、今回の駅前報告ではリコール署名も受け付けています。そのため、スピーチ内容は小林・黒瀬両議員の政務活動費不正が中心。そのことが皆さんの関心を高めているのか、受け取って下さる「議員活動報告」の数は各出入口とも前回よりも増えています。

事務所に戻ってから北区役所へ。午前中に区教育・健全育成会議委員と北区選出議員との意見交換会が開かれました。ちなみに、小林議員は欠席です。

また午後は、陽が傾き始めるのを待って活動報告の地域配布に出かけました。3時〜6時、南花田町の一部地域を歩き、698部をお届けすることができました。

2427-1.jpg



7月5日 (水)  予報どおり朝から雨で、一日中ぐずついていました。気温は蒸し暑い26.5℃。

朝の駅前議会報告を順延したのは正解でした。止み間を見て地域配布に出かけようと思ったら、まだぱらつきが残り、ポストも濡れているようなので今日はあきらめました。

なお、北区や南区で配布して下さる方には昨日お届けしたのですが、南区の方から「リコール署名簿がほしい」との電話をいただきました。北区か西区の有権者でないと受任者になれないことをお伝えしたら、「どうしも辞めさせたいのに残念です」とのこと。小林・黒瀬両議員の居座りに対する怒りの声は、きっと全市域に広がっているのでしょう。


7月4日 (火)  朝、駅前報告時は強い陽射しさえありました。昼過ぎから、台風の影響で雨。

台風3号の接近で天候が心配だった、新金岡駅@出入口での議会報告。準備をしていると、「雨でなくでよかったですね」との激励をいただきました。皆さんが事情をご賢察のようです。

また今朝は、リコール署名のために署名台も用意したところ、散歩中の方などが次々に協力して下さいました。さすがに出勤を急がれる方には立ち止まって署名する余裕はないようで、何人かの方々に署名簿を持ち帰っていただきました。
中には、書きかけて「北区でも西区でもなく、残念。ぜひ辞めさせたかったのに」とおっしゃる方もあるなど、皆さんの関心は広まっているようです。

なお、台風は過ぎたものの、明朝は雨の予報。新金岡駅AB出入口での議会報告は、6日(木)に順延します。

2425-1.jpg 2425-2.jpg



7月3日 (月)  日中はカンカン照り。まるで梅雨明けを思わせるような陽射しで、32.8に。

週明けのお昼、北区役所前を通りかかると、リコール署名を集める方々が炎天をものともせずに立っています。今日は、定点署名の日。何とか、受任者の皆さんの熱意が通じるようにしたいものです。

明朝からの駅前議会報告でも署名をお願いできるように、署名台やのぼり旗を準備しました。今週は、4日(火)新金岡駅@出入口、5日(水)新金岡駅AB出入口、7日(金)新金岡駅C出入口に立つ予定です。ただし、天気が崩れそうなので、変更するかもしれません。


7月2日 (日)  午後から陽射しが厳しくなりました。気温は31.9。2日連続の真夏日です。

リコール実行委員会が正午〜2時、堺東駅前で署名活動。通りかかった北区や西区の方に署名をお願いするとともに、全市へのアピールを試みました。

夜は、大泉自治連合会の前会長・槙峯正一さんの瑞宝双光章受賞を祝う会に出席。

さて、東京都議選は、やっぱり自民党の歴史的大敗だそうです。まさに、「驕れる者久しからず」。安倍一強も「ただ春の夜の夢の如し」となるのでしょうか。

▼炎天下の署名収集(堺東駅前)

2423-1.jpg 2423-2.jpg



| 1 | 2 | 3 | 4 |
2017/7
SuMoTuWeThFrSa
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     

前月     翌月