Diary 2014. 3
メニューに戻る
3月1日 (土)  朝は2℃、昼間も5℃という寒さで雪も舞いました。「啓蟄」に寒の戻りです。

朝から事務所で仕事をしていると、突然の来客。自治会の役員になられ、要援護者の避難訓練など、真剣に地域防災を考えてくださっているようです。
午後から登庁して、明日の健康福祉委員会での発言に関する最終調整。使用するパワーポイントのスライドは、61コマ用意しました。もっとも、市長への質問は答弁を含めて40分ですから、し残した発言は午後の最終です。また、今年度最後の委員会となるためか発言する委員や項目が多く、予算委員会健康福祉分科会は10日(月)開催になると見込まれます。


3月1日 (土)  午後から雨。最高気温は少し下がって13℃で、来週はまた寒くなるとか…

このところ「年1度」のペースで受診している人間ドック。特段、精密検査を受けるような指摘はありませんでした。「食事量を減らして、適度な運動を継続するように…」という診断医の教示を真剣に受け止めて実践すれば、きっと健康を維持することができるのでしょう。


3月1日 (土)  大泉緑地の東方に昇る太陽はオレンジ色でした。午後の気温は18℃。

「投票率23.59%」。予想どおり過去最低だった大阪市長選挙に、各紙が橋下氏の求心力低下を報じていました。昨夜、松井知事が「無駄な選挙といわれる中で4人に1人が投票に行ってくれたことに感謝」と語ったら、「Mr.サンデー」のコメンテーター・木村太郎さん(元NHK記者)が「4人のうち3人以上が無意味な選挙だと思った」と批判。とはいえ、橋下氏が得た37万7472票は前回(約75万票)から半減したものの、過去の当選者(関淳一氏=約27万8千票、平松邦夫氏=約36万7千票)よりも多く、侮れません。

●泉州水防事務組合議会に向けて、泉大津市消防本部で調査
さて、堺市議会での予算審査に当たって、その存続意義を議論した泉州水防事務組合の議会が3月28日(金)午前10時、堺市議会本会議場で開かれます。堺市民の税金で約82%を賄う事務組合の予算を審議する議会です。先日来、事務組合が保有する備品の管理状況を調べていて、ちょっと気になることがありました。前議会で正副管理者の給料廃止などを共同提案した、高橋登議員(泉大津市議)や山敷恵議員(高石市議)と泉大津市役所で情報交換した後、3人で泉大津市消防本部を訪問。調査していたら、さらに疑問が深まってきました。

1128-1.jpg 1128-2.jpg



3月1日 (土)  終日曇り。天気は下り坂ですが気温は20℃。桜の開花も始まりました。

午前中は、事務所で「議員活動報告」の校正など。午後から登庁して、泉州水防事務組合の事務局(堺市土木部)と協議しました。


| 1 | 2 | 3 | 4 |
2014/3
SuMoTuWeThFrSa
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     

前月     翌月