《2011.11.14 part2》
(1035)
※11月14日午前の日記は、前ページに掲載
市役所訪問を終え、息子と合流して、清州市東方にある上党山城(サンダンサンソン) に登りました。周囲4.2qの巨大な石積みの山城で、市街地が一望できます。「登山靴値下げセール」の広告も出ており、城郭の山歩きは敬遠。名物の豆腐海鮮鍋を食べて下山しました。

11月14日月)韓国旅行4日目午後=上党山城に登り→鳥致院駅からソウルへ

●鄭在吉(チョン・チョキル)先生と5年ぶりの再会
ソウルへ急いだのは、一昨日、全北(チュンブク)大学校法科大学の鄭在吉教授から、「ぜひ議論したいことがある」との電話があったからです。ご夫妻で姿を見せてくださった鄭先生と明洞の世宗ホテルで落ち合い、全州中央会館で食事をしながら、大阪のダブル選挙などについて意見を交わしました。地方自治学者の先生は、海外研究で滞日中、私の著書「市政と政治家がこんなに変わる」を読み、我が家を訪ねてきてくださったのです。以来、20年ほど交流が続いています。

上党山城からタクシーで高速バスターミナルに向かい、ソウルまでのバス便を予定していたのですが、ソウルのバスターミナルは不便なところにあります。タクシーの運転手さんにすすめられ、鳥致院(チョチオン)駅から国鉄を利用。ムグンファ号(急行)でソウル駅に着きました。

「アクション日記」月別インデックスへ