《2011.11.15》
(1036)
※11月14日以前の日記は、前ページに掲載

11月15日火)韓国旅行5日目=7年前の訪問時に見逃した昌徳宮と漢江クルーズ

朝、ホテルの窓から、向かいのビルに出勤したサラリーマンたちの喫煙風景が見えます。
今日はまず、初めての韓国旅行(2004年)の際に行けなかった昌徳宮へ。7年前には、ソウル市のホームページからボランティアガイドを申し込んだのですが、そんな制度はなくなり、ガイドも組織化されている様子です。実は、鄭民淑さんも、ガイド試験をめざしています。
午後は、いちど乗ってみたかった漢江クルーズを楽しみました。民淑さんが交渉して、私たちは高齢者割引料金でした。しかし、寒い川風の季節に乗客は多くありません。下の写真は、デッキにいた南アジア系と思える青年に英語で話しかけ、シャッターを切ってもらったものです。

今回の旅行で利用したソウルの地下鉄は、駅のホームドアが設置されていました。また、乗降位置に優先座席や車いすのマークが付けてあり、これらを利用する乗客の利便を図っていることにも、興味を覚えました。ところで、昌徳宮見学の後、仁寺洞で食べた「すいとん」はなかなかの味でした。昼食時の店内は地元の人たちで混み合っていました。なお、今回の韓国旅行で「焼肉」を口にしたのは一度きりです。

「アクション日記」月別インデックスへ