7年前の訪韓の折は、鄭在吉教授とソウル市議会を訪問。今日は市役所へ…と思って出かけてみると、全館(右写真の左端建物)工事中です。写真の王宮守門将交代式は「大漢門」前で行っており、門の左脇道路を少し進んだところに仮庁舎(写真下左)がありました。受付で「ソウル市の概要が分かる資料をほしい」と申し出ると、案内されたのは1階エントランスホール奥に設置された部屋です。入手できた資料は、この部屋の入口の書架に置いてあるものだけでしたが、カウンター業務に興味を覚え、質問しました。
応対してくださった金善花(キム・ソンファ)さんの話しによると、この窓口は市民からの相談や苦情を最初に受け止める業務をしている「総合広聴課」のようなもの。1日に200〜1000件超の相談があって、20人の職員が対応しているのだそうです。私が、「議会の資料もほしい」というと、金さんが別棟の議会棟まで案内してくださいました。しかし今日は、10月26日の選挙で当選した朴元淳(パク・ウォンスン)市長の就任式があるため、慌ただしそうな雰囲気です。議会受付では資料をいただくだけにしました。
鄭先生が一昨日、朴新市長について「市民派が当選した」と言っていました。「市民こそ市長」のスローガンを掲げる就任式は、40分間、インターネット中継するだけ。納税者のため、経費節減に努める姿勢をアピールする狙いがあるようです。時間がなく、現地で見届けるのは断念しましたが、式の模様は動画(日本語字幕付き)で見ることができます。

《2011.11.16》
(1037)
※11月15日以前の日記は、前ページに掲載

11月16日水)韓国旅行6日目(最終日)=ソウル市役所も、アポなし訪問です。

ソウル市庁を出て、北村韓屋村を大急ぎで散策した後、仁寺洞で民淑さんおすすめの「野菜ビビンバ」と「チヂミ」の昼食。界隈のお店やロッテマート(スーパー)ソウル駅店などで土産を買い、2泊したアストリアホテルに戻りました。古くて小さなホテルですが、地下鉄・忠武路(チュンムロ)駅に近く、明洞にも歩いて行ける便利な立地で、7年前もここを利用しました。
仁川空港へは、近くの世宗ホテル前バス停からリムジンが通じています。ソウル北方にある東豆川(トンドゥチョン)市の自宅に帰る民淑さんが、「お父さん、お母さん(『おかん』は、私たちをそう呼んでいました)を、ぜひ見送りたい」と空港まで同道。19時10分発アシアナ航空OZ116便の関空着は20時50分。ほぼ定刻どおりのフライトで、帰宅は深夜になりました。

「アクション日記」月別インデックスへ