《2017.10.30〜31
(1939)

※10月29日以前の日記は、前ページに掲載

10月30日(月)「木枯らし一番」…強い風の朝。駅前議会報告では、コートを着用しました。

今池水みらいセンター内で起こった下水道事故は、応急の仮復旧工事が完了し、まずは一安心です。上下水道局職員と関係企業の皆さんの昼夜を分かたない奮闘に感謝したいと思います。
また、この事故が下水処理場内で発生したことは、まさに不幸中の幸いでした。もしも一般道路上で起こっていたら、交通規制や近隣への影響などの生活被害が拡大し、対応も長期化したと考えられます。
なぜ、地下14mの下水管が損傷する事態となったのか、管理上のミスは果たしてなかったのかなどの原因究明が必要です。昨日、陥没地点に接する石垣が大きく傾いている現場を見て、改めて思いました。
また、緊急避難とは言え、汚水マンホールから汲み上げて雨水排管に直接流すという作業は、河川の水質汚濁を招きます。妥当で、合理的な措置だったのかの検証も必要でしょう。
ほかにもいくつか考えさせられることがあります。上下水道局からまだ詳細な報告はありませんが、事態が一段落したら、本格復旧に向けての方針などと併せて説明を求めたいと思っています。

雨天で順延していた百舌鳥八幡駅前の議会報告。「リコール署名の結果は?」と問われる方もあったようです。現在、署名簿を回収中で、集計作業にしばらく日数を要します。
事務所に戻っていくつかの仕事をこなした後でメールをチェックすると、市川市議会の百条員会で活躍した越川雅史議員からの着信がありました。今日、特別委員会の視察で堺に来られるとのこと。急いで登庁すると、ちょうど視察が終わったところでした。
堺出発時刻までの間、昼食をご一緒しながら意見交換。市川市で百条委の調査対象となった議員に対して「辞職勧告決議案」を提案したところ、今月初めの議決前に当該議員が「議員辞職願」を提出したそうです。堺市でのリコール運動にもたいへん関心を持っておられ、小林議員の今後の動向に注目しているとのことでした。

10月31日(火)朝の気温は7.8℃。冷え込みに備え、議会報告は「冬装束」で臨みました。

●冷たい強風の中、温かい声援を…
今朝は、JR浅香駅前で議会報告。乗降される方はいちばん少ない駅ですが、「頑張って下さい」と握手を求められる方があるなど、温かい雰囲気でした。
その後、リコール運動最終盤のために後回しになっていたご相談事項に対応するため、北区役所、北部地域整備事務所、固定資産税事務所などを回ってから、市役所へ。

「アクション日記」月別インデックスへ