Too の ホームページ

Since: 2000/10/26
Last Update: 2018/12/13
Sorry, most of pages are written in Japanese ONLY.

このページはたぶん [カウンター] 回くらい参照されました


New!

(2018/11/29) 「FreeBSDなページ」で「FreeBSD 11.2 に PostgreSQL 11.1 を入れてみた」を公開

(2018/11/ 9) 「Windows系OSや管理ツールの話」で「[SCCM CB] テスト用サーバ構築時のメモ」を公開

(2018/ 8/27) 「路線バスのページ」の表紙を更新。

(2018/ 5/21) 「Windows系OSや管理ツールの話」で「WSUS3〜4 更新プログラム」を公開

(2018/ 5/11) 「Windows系OSや管理ツールの話」で「WSUS3〜4 メンテナンス手順」を公開

(2017/ 3/12) 「日本の路線バス」で記事新設(大和交通、碧南市、高浜市、南丹市、宇治田原町、岸和田観光、多可町、新見市、出雲一畑交通、スサノオ観光、雲南市、琴平バス)、記事更新(ばんけい観光、ゆざ交通、名鉄東部交通、岐阜バスコミュニティ、大阪シティバス、神姫バス、淡路タクシー、岩国市営、サンデン交通、コトデンバス、徳島市、北九州市、西鉄バス遠賀、熊本市バス)、写真追加(名鉄東部交通、生駒市、一畑バス、大川自動車)

(2018/ 3/ 1) 「Windows系OSや管理ツールの話」で「[SCCM2012] テスト用サーバ構築時のメモ」を公開。

(2018/ 1/ 4) 「Windows系OSや管理ツールの話」で「[AD] ある日の AD トラブルと修復 take 3」を公開

(2017/11/16) 「パソコン関係の話」で「これまでのマシン遍歴」を更新。

(2017/11/ 6) 「路線バスのページ」の表紙を更新。




↓こちらからどうぞ↓

Enter: Click Here


今日のひとこと


(12/13) パソコン工房で売ってた中国製のお安いフライトヨーク。8cm CDが入っていてドライバが添付されているのはいいのだが、setup.exe を実行すると実行完了するも、ドライバの署名がなくて Win10 x64 では!マークが消えない。あのねぇ。アンインストールすると汎用ドライバで利用可能(Windowsゲームコントローラの機能でボタンなどの定義もできる)なので、添付ドライバを入れないのが正解…。

(12/12) Adobe flash player のパッチが先週出ていたのか(Acrobat 絡みは今日発表らしいけど)。最近、「月刊マイクロソフト」(つまり定例パッチ)の遅刻が相次いでいるので、コバンザメ戦法が通用しないのかね…。

(12/10) 最近はScript Kiddyの腕すら落ちているのか
ReplyTo:  Credit Cards | Authentication service ,support@center.jp
From:  Credit Cards | Authentication service 
Subject:  Your {Credit Card} has been suspended!
本文なしでJPEG添付だけ。{}内の置換すらできてないとわ。シェルスクリプトで変数書き間違えたか? ま、いずれにせよ、ただのゴミですが。こういうのがバウンスも含めて世の中どれだけ流れているかと考えると、歴史が長い分、仮想通貨の錬金術よりもリソースの無駄な垂れ流しを強いられている気がしてならない。

(12/ 9) ↓単純な話でした。Steam のランチャーから一度起動させると実体のインストールが始まるのね。すっかり忘れてたわ。これでレジストリエントリができたんだけど、テクノブレインの登録キーがどこか探し回るハメに。1つはパッケージをamazonで買っていてこれはパッケージがあるから大丈夫だったんだけど、もう1つは SymMarket で買ったのでオンライン確認だった。やれやれ。

(12/ 6) うちのゲーム用PCをリカバリー後、FSX SE を入れたのにアドオンシーナリーのインストーラがFSX を見つけられないのが謎だったのだが、リカバリーに関係ないDドライブに以前のFSUIPC4のインストールログが残っていて、こいつを見ると
Looking in registry for FSX install path:
     HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Microsoft Games\Flight Simulator\10.0
     Parameter"SetupPath"
... >>>  OK! FOUND FSX!  <<< ...
     SetupPath=C:\Program Files (x86)\Steam\steamapps\common\FSX
と書いてあるが、確かにこのエントリが(WOW6432も含めて)存在しない!なぜこうなっているかは現在調査中。

(11/30) 来春のおおさか東線全線開業時の計画が公表されたようで。基本は今の運転区間が延びるだけで、昼間の快速運転はなし。JR東西線の時のような大幅な運行系統変更はないんですね。だとすると運用増になる分は環状線323系投入で捻出される201系8両編成を減車した6両編成数本をまわせば十分ということで、おおさか東線用車両の新造がない理由がわかりました。なにわ筋新線が(万博に間に合わないとはいえ)道筋がついたことで、今あわてて関西線快速系統をこっちに移す必要がなくなり、北梅田未開業の来春時点で大和路快速系統をおおさか東線へ移すと近鉄に対抗する意味での最大の利点「大阪梅田直通」がなくなるダメージの方が大きいという判断なのでしょう。

(11/22) もー。Windows10 の高速スタートアップのせいで、Windowsをシャットダウンした後にブートデバイス指定しても全然言うこと聞かん!

(11/21) FreeBSD pkg インストール前の名前を探すのに pkg search キーワード なんてのができるんですな。

(11/20) FreeBSD 11.2 で PostgreSQL 11.1 のコンパイル。ports で readline のライブラリを入れたのに configure が見つけてくれないので、あきらめて ./configure --disable-readline したらすんなりOK。まあいいか。

(11/19) SMARTエラーが出ていた職場のマシンは光学ドライブも死んでいることが判明。追い討ちかよ。

(11/18) Windows10マシン、結局Windows Boot manager から初期状態に戻した。ついでにサウンドドライバも入れなおしたら、マイクの音を拾わない問題は一応解決だけど、やっぱりボリューム最大にしてもなかなか入らないですね。ま、これは別の原因か。ゲームのセーブデータも1つを除いて修復したんだけど、残り1つがFSXで、こいつはアドオンの戻しがうまくいかず苦戦中。

(11/16) データ転送完了。やっぱいいねえ、新品は。と、電源投入回数を見て悦に入る。

CDI

(11/16) 今度は仕事場のマシンでこれ。ひー、呪われている〜。

悲報

(11/15) 仕事帰りにドスパラに寄ったところ、2.5" SATA HDD の 500GB が4280円。1TBが4980円。え?値段差がそれだけしかないの?1TBプラッタが普及しだしたってことだよな。モバイルノートに1TBはさすがに怖いんだけど、ついつい1TB*も*買ってしまいました。あーあ、無駄遣い。

(11/15) FreeBSD 11.1 の VMWare 仮想イメージを取ってきて横着してサーバを作っていたんだが、テスト機なので32bit(x86)でとケチっていたのに結局 PostgreSQL を入れるハメになり、挙句の果てに ./configure したら "Compiling PostgreSQL with clang, on 32bit x86, requires SSE2 support. Use -msse2 or use gcc." おいおい。SSE2ってP4の頃だろが。false dependency? かんべんしてよ。

(11/15) 「やだやだやだ〜!」(幼児退行中)

悲報

(11/10) Win10パソコンの電源を入れてしばらくしたら。

自動修復

なんじゃこりゃ。自動修復しようが、直前の復元ポイント(どうやら10月パッチを食べたらしい)に戻そうが言うことを聞かない。

一日頭を冷やして起動したら、あれ。起動した。

でもしばらくして戻ってきたらまた同じ状況。

どうやらOSローダまで制御が移っていないらしく、ブートデバイスに何か問題ありげな雰囲気。

セーフモードで起動してもこのざま。

stop

CRITICAL_PROCESS_DIED ですか。Windows RE のコマンドプロンプトを出してみると、SSD も HDD もファイルシステムとしては読めるのだが、なぜかD:ドライブに Windowsupdate.log とかできてる。そういやさっきのログファイルの場所もDドライブだったな。

RE

もうシステムぐちゃぐちゃにされた後だということなら、キレイにWindowsを入れなおしたほうがよさそうだけど、どうすっかな。

(11/ 7) Buffalo のLS-200 系ファームウェア更新したけど、更新直後にDHCPがちゃんとリース継続できないケースがある問題がまだ直っていない…。めんどくせ。

(11/ 5) いや、大したことはしてないんですが。Sophos XG FW の設定を吹っ飛ばしたのでやり直してみたところ、設定画面がえらく親切になっててびっくり。アクティベーションも30日猶予があるみたいなので、Transparent FW のようなことをやりたい場合も柔軟に対応できますね。

ウイザード(日本語)

駄菓子菓子。途中でWebUIで管理者パスワードを入れても通らない。顔面真っ青になりましたが、vSphere Client で、それ以前にadmin ログインしたコンソールが残っていて九死に一生を得た。やれやれ。

(10/25) 前にも書いたADSIのグループメンバーの再帰話。LDAP_MATCHING_RULE_IN_CHAIN は、"Domain Users" の再帰をしないように制御がかかっている。ちゃんとした説明は「3流プログラマのメモ書き」さんのブログ記事に載っていたけど。自明だからmemberofに出さないって、オブジェクト指向とは違う方向の設計だと思うが。自明という言葉にだってスコープちゅーもんもあるだろうし。いつもながらいい加減だなぁ。

(10/17) 窓の杜Watchより「「Google Chrome」「Firefox」「Safari」もTLS 1.0/1.1のサポートを廃止へ」。TLS 1.0 は知ってたけど、1.1 ももうすぐオワコンですか。世の中の流れが速すぎる。

(10/11) L2SWどうしの port-channel を初めて設定中(なにせ無免許なもので)。両方のスイッチに設定を入れてUTP接続。しーん。

あれ?Catalyst 2960のくせにAutoMDIXじゃないのかい。念のため " show controllers ethernet-controller INTERFACENAME phy"で確認っと。えーっとこれ、レジスタ設定じゃなく、下のほうの欄外に出るのか、分かりにくいなぁ。
 Auto-MDIX                             :  Off   [AdminState=0   Flags=0x00004000]
あれま、片方のスイッチでOFFだな。ちゃんとONにするか。でもこれ、config ファイルに反映されない設定なので面倒だなぁ。

が、まだリンクが上がらず。えーーーー? と大混乱してたら、runnning-config に shutdown が残っていた。しくしくしく(涙

(10/ 9) 連休明けにニュースサイトを歩いていたら、すらどのこの記事「Microsoft、Windows 10 October 2018 Updateのロールアウトを一時停止」。消費者はしょーもない新機能開発よりも安定したリリースをとあれだけ言っているのに聞く耳もたない粗悪メーカーだな。

(10/ 4) 某フリーアクセススポットの件、認証処理のアドレスが変わってた。んもう。

(10/ 3) ちょっと前のすらどの記事「Microsoft Office、新規インストールでは64ビット版がデフォルトになる」。確かに職場でVLSCに行ったらダウンロードの選択のデフォもx64なのだが、つい最近までVLSCにOfficeの64bit版は互換性の問題があるから32bit推奨ってMS自身が書いてなかったかい?

( 9/25) 10周年記念でこうなったのかどうか定かではないですが、chrome 69 はタスクバーを横置きする人のことを考えていない様子。

すくしょ

( 9/25) こないだから、うちの通勤で使っている駅のFree-Wifi。利用許諾条件の画面が呼び出せないようで繋がらなくなった。無料だから文句を言うわけにもいかんし、なんだかなぁ。

( 9/24) ThinkPad についているMini-DP から HDMI に変換して、居間の地デジ対応テレビに映像を出そうとしたら、DiXiM Digital TV plus(for IODATAのタダのヤツw)がエラー80004005。Digion のサイトにもこのエラー番号の情報なし。価格.com の掲示板にあった「マルチモニター設定になっていませんか?」が正解だったのだが、仕様なら仕様で仕方ないとは思うのでちゃんと公式のFAQに載せろよと。

( 9/ 6) ADSI で、AD セキュリティグループの Memberof っていう便利そうなメソッド。しかしこいつはセキュリティグループが入れ子になっていても、そのグループの名前を返すだけで、中身は返してくれません。ついでに、ユーザのプロパティ側でネストした親グループが表示されるかというと、それも表示されません。自分でLDAPを蹴ってセキュリティグループのメンバーを舐めないとだめだそうです。「dsp74118の保管庫」さんの記事に助けられました。ありがとうございます。

( 8/13) げっ。X230 ってロットによってヘソ(トラックポイント)のキャップの形が違うんか。

こっち新型?

軸が小さいタイプ

こっちは従来型?

軸が四角

なお。サーバ添付品だった?一体型キーボードのヘソは従来型と同じタイプだったので、死んだ X61s からヘソをうばってきて移植。

外付けキーボード

いやまあ、添付品をなくさなければ大丈夫な話ではあるのだが…。

( 8/ 8) ↓突然、首相が検討を指示とな。元号の件で何を学習してんだ、総務省の官僚は。そのしょうもない決定にも世の中的にどんだけ無駄なコストがかかると思ってんねん。

( 8/ 7) で、昨日はサマータイムを持ち上げる論評を大量に繰り出したマスゴミ。国民に総スカンを喰らったと分かるや今日のトピックには一切出さずに忘れたふり。

( 8/ 7) 「今日のひとこと」の過去記事整理をさぼりすぎていたのでやっとキレイにしました。この調子で部屋の…(ry

( 8/ 6) 東京オリンピックのためにサマータイム?議員立法の制度を使うのは結構だが、暑さでどうかするのは自分個人の世界にとどめておいてもらって、全国民を巻き込まないでいただきたい。

( 8/ 1) 仕事場のテストサーバを格納しているESXiのデータストアにISOイメージファイルを送り込もうとWinSCPで接続…あれ?接続が拒否されました?vSphere Clientではちゃんと繋がっているんだけどな。しゃーないのでコンソールで確認すると、あれ?Troubleshooting Tool が全部死んでる。有効になるようEnterを押しても、もう一度Trouble Shooting Option を出すと無効になっている。googleってみたらまさかのロックダウンモードか?「いやーそうなったらvpxuserでしか操作できまへんわ」と言われて背筋が凍る。

が、よく読むと、ロックダウンモードになったら vSphereCleintの接続も切れると書いてあるな…。SSHがだめならローカルのShellは?と思ってコンソールで操作すると、パスワードを入れた後一瞬 vfork なんとかというエラーが見えた。あ、リソース不足で新規プロセスを蹴れないのか。なるほど、それだとSSHも死ぬわな。ということで、検証用のゲストマシンを一旦シャットダウンしてESXiを再起動。すっきり直りました。あー、びびった。きっと最近サポートが切れた5.5を使っているからVMWareから呪いをかけられたんだな(←被害妄想)

( 8/ 1) 久々にMicroServer にログインすると…。ん? Crystal Disk Info が何か出してる。

CDI

でも AMD RAID Manager はまた正常表示なんだよな。

AMD

中を開くとやっとSMARTがおかしいと言ってきた。前は言ってこなかったからマシってことか。

AMD

メディアパトロール進行中だけど異常なしって表示。後で見たら4日前くらいにパトロール開始していたのにこの状況。その時点でおかしいと思わんのかと(ry

AMD

いっつも進行中表示になっている気がするのは多少被害妄想が含まれていると思うが、いずれにしてもちょっと信頼性に難ありだな。

AMD

うーん。割り切りが必要ってことかな。ということでマシンをシャットダウンしてHDDをとりかえ、OS起動後リビルドを実行しましたとさ。


過去の「今日のひとこと」へ



おしらせ

☆作者へのご連絡は too@os.gulf.or.jp までお願いします。

☆メールの受信にはキーワードによる判定で UBE/UCE(いわゆる SPAMメール)を自動的に消去しています。御用の方は適切なタイトルを付けて頂くようおねがいします。

ByHyperEdit以下のページの多くは、Hyper Edit を使用して作成しました。

インプレスアスキー出版局が刊行しているホームページ素材集のアイコンや壁紙などを利用しています。

☆確認は Mozilla Firefox 日本語版を主に利用しています。

☆自宅の動作確認用サーバには、FreeBSD (98)Apache httpd を利用しています。

☆リンクは(トップページ以外の直接リンクも含めて)基本的に自由にしていただいて結構です。ただし明らかに著作権侵害にあたるリンクはお断りします。

☆ないとは思いますが、商用出版物などへ紹介されることが*もし*あれば、事前に連絡をお願いします。

☆以下に記したものや特記したものを除き、コンテンツの著作権は私にあります。
・FreeBSD や FreeBSD(98) のドキュメントのオリジナル部分
・Rambler Times の雑誌意匠や記事本文
☆本文中に用いた製品名や社名・団体名などは一般に各企業・団体等の商標や登録商標などであり、以下のページでそれらを侵害する意図はまったくありません。